【池袋】ご主人様と奴隷の秘密 「ド・M女」しょう【65点デリヘルレポート】(口コミ・体験談)

ご主人様と奴隷の秘密 「ド・M女」

店舗TEL:0120-803-017

しょう (20)

B85(D) W59 H84T157

2013/06/05(水)

  • ルックス点

  • 接客姿勢点数

  • テクニック総合点

  • 女性のSM度

点数65

  • 0
  • --

ご主人と奴隷の秘密 しょう report491

S男はじめ、打ち拉がれる!

【総括】

コンセプトはどこへ行った!

写真は不鮮明、「ド・M女」の惑星からやってきた

自称Sの女の子は今となっては本当は誰だったのか?

【本文】

コンセプトは胸キュンなのに

そもそも予約でつまづく。

予約の電話をしてみたところ受付の第一声は「は~い、もしもし」だ。「M女さんですよね?」というと「はい、そうですよ」。根掘り葉掘り聞いてみると、どうやら都内に展開しているグループの代表番号だそうで。(そうだとしても「もしもし」はねえよ)。

女の子を選ぶにもホームページは顔が潰され縦横比すら怪しげな写真が各1枚だけ。身長未記入のスリーサイズを除きお店のコメントなどその他一切の情報がないため選択の余地がない。すなわち名前のルーレットみたいな状況だ。

希望を伝えても「お客様、当店はご希望どおりのド変態が揃うお店です」「必ずやご満足いただけます」「お時間が決まっているようなら1時間前にこちらから案内可能な子を電話させていただきますが」。いや、え、そうなの? 「指名は可能ですが、ご案内できるかはお約束できないんで」「ご新規さんなら直前のご案内をオススメしておりますので。それでは11時頃にこちらからお電話差し上げますね」。

日付は変わり当日の11時を過ぎたが電話は鳴らない。どうやら私は昨日、あしらわれたのか? 仕方なくこちらからまた電話してみたものの同じような流れの話になる。スゴロクで例えるなら“振り出しに戻る”ってヤツだ。1時間前に電話をくれるとのことで、仕方ないので『14時』と時間を決めて電話を切った。だが、またもや電話は鳴らないのである。催促の電話をすると「担当から連絡させるんで」と切られ、13時45分にようやく電話。時間が押しており14時の案内が15時半になるとのこと。そもそも指名もしてないのに押すってなんだよ「お待たせしてすいませんでした。必ず人気の子つけるんでよろしくお願いします。ホテル決まったらお電話くださいね」。

ただ抜きたいだけならこれでもかまわない。ところがこれは調査なのだ。「人気の子ってどの子?」「あ、自分はわからないです」「え、誰になります? 指名したいんですけど」。「あ、ご指名あるんなら承りますけど」。この会話、ホントに不毛だ。仕方ない、ヤケだ。判定不能だが女の子を適当に選び「らみねちゃん」。ところが「じゃあ、調べて電話します」と電話を切った後にしばらくして折り返しの電話が鳴る。「らみねちゃんは17時半ならギリギリいけそうですけど」「しょうさんかゆりえさんなら15時半でご案内できます」。予約だけでこんなに時間を浪費するとは。これ以上は時間の無駄だ。斯くして最初に名前の挙がったしょうちゃんを選択、15時半の変更も承諾することにした。「未経験」「小柄」「美白」「美少女☆☆」って本当か?

パネマジよ永遠に!

ようやく対面

部屋に入ってホテルの場所を伝えると内線が鳴る。お店からの確認の電話だった。やや驚く。ちなみに無料オプションはつくらしいがコスプレの内容を選べる風ではない。しばらくして部屋のチャイムが鳴り、ドライバーに前金を支払う。

やってきた子は木南晴夏似の本当に小柄で可愛らしい女の子だった。ウェブでの前評判で「指名したのにK.Y.(女性お笑い芸人)がきた」とか「パネマジワロス」とか目にしていたものでちょっと不安だっただけにほっとした。

しかし、会話がまったく弾まない。話しかけると気さくに返してくれるが必要以上は口にしないし逆に質問もしてこない、そんなタイプの子だった。趣味や好きなものもわからないしこれなら女性お笑い芸人のほうが良かったかも知れない。プロフィールが書かれていないと、こういうことが起こるのか。あまりごちゃごちゃ質問すると尋問みたいになり兼ねないので適当なところでやめておいた。

衝撃の告白!

「私、Sなんです」

「じゃあシャワー行きましょうか」と服を脱ぐと彼女の全身には至るところにタトゥー。洋彫だが複数入っているのだ。よく見ると頬の上辺り、目の下にもピアス。「こう言うのが好きってことはさ、Mなの?」。すると「私はSなんです」と衝撃の告白。彼女の分析によれば、タトゥーを入れている男性はM、一方で女性はSであることが多いという。彼女自身は、SMプレイは興味ないけど、攻められるよりも攻めるほうが好きだという。お店のコンセプト台無しです(泣笑)。タトゥーに衝撃を受けてしまったためにそのときは忘れていたがプロフィールを後で再確認してさらに衝撃。確かに細くて小柄で可愛いけど、ぜったいにDカップじゃなくてAだ。なにしろまな板だった。とはいえ、美乳だったことはここで付け加えておきたい。

シャワーを浴びて開戦スタートするわけだが「どうする? どうしたらいいかな?」。聞けば無料オプションの目隠し、手錠、ピンクローターは持ってきておらず、コスプレならあるよ、と。こんなとこまで……。とはいえ、こうなっては仕方がないので、コスプレへの着替えをお願いした。用意された衣装は……なんだか、水兵さんみたいな水色のトップスとセーラー服にありそうな短めのスカート。なんのコスプレでもないただの服だこれは

防御力の高いドSガールに

素手で挑むドンキホーテ的な

キスして少しずつ、服のうえから攻めていく。だがどうも楽しくない。なんと言うか、攻め甲斐が一切ない。例えば、「乳首が敏感」だというのだけど反応が薄い。どれだけ舐めても、だ。しばらくして太ももからあそこへと遷移する。しかしこれも反応は薄い。「永久脱毛したんだ」というあそこはそれはそれは見事な色合いだった。舐め甲斐もある。しかし、どれだけクンニしても肝心の反応は薄いまま。それでもちょっとずつ湿ってきた中に少しずつ指を入れていき入れたり抜いたりしてみると「ちょっと痛いかも……」。自分のテクニックには自信を持っていたのだが、それもここで完全に音を立てて崩れる。オレの心も痛いよ

可愛らしいのだ。小柄で優しい子で。例えば、チューは楽しかった。乳首を舐めたら「ん……」なんて反応もしてくれる。そうやって時折漏れる声に多少自信を回復したりするものの……これじゃダメなのだ。こんなことならセクキャバで十分なのだ。もっとガシガシ感じてくれないと「ド・M女」の看板が泣くではないか

(Sなんだもんな……それじゃあ……)「ねえ、今度はしょうちゃんが攻めてよ」。「うん、いいよ」とお約束で上下入れ替わり。彼女の乳首舐めはスゴかった。左乳首はノックアウト状態、不覚にもものスゴく感じてしまった。しかし全身リップなどというレベルではなく、両乳首を舐めたあとはすぐにフェラへ。フェラも申し分なかった。「Sです」と言うだけあってテクニックは申し分ない。しかし、数分もすると手コキになりそのまま終了しそうな感じ。そんなことを考えていた折、iPhoneのタイマーが鳴り響く。(あれ!? そんなに時間たった?)と驚いたものの時計はウソをつかない。間違いないようだ。

「あ、もう時間がないよ」

「じゃあ、素股してくれる?」

「いいよ」

こうして騎上位素股をしてもらうことにした。思えば覆面捜査をはじめてからというもの、久しぶりのローションだ。みんな見事に濡れてくれていたから必要なかったんだよな。とはいえ、彼女の素股もまた大したものだ。密着してはおらず右手はずっと添えられているが。

「痛くない? 大丈夫?」

「うん、気持ちイイよ」

今宵、桜が満開だ。最高の花見日和だったらしい。

まとめ

ふと、大久保の裏通りにあった怪しげなカレー屋のことを思い出した。注文しようのないメニューなのでどんなカレーなのかと問うと「いろいろあるので好きに選んでくれ」と言われる。選びようがないものを選ぶことほど不毛なものはないが仕方なく(こういうカレーだったらいいな……)という希望的観測を入れながら無難なトッピングのカレーを選択すると「今日、それできない。材料がなくて」「あー、それもダメだ」「あー、ごめんなさい。それもできないですね」。ちゃんとしろ!と言いたい気持ちを抑えつつ「じゃあどれができるの?」と聞くと「いまの以外なら」。しかし、質疑応答のあと注文してしばらくしたら「ごめんなさい。具材がちょっと足らなくて……こっちでもいいですか?」。食材が管理されていないためにお客さんが食べたいものを見つけられないあのカレー屋のように、このお店も女の子の管理ができてないんじゃないだろうか

でも、あの子は可愛かったし、プレイは極上だった。すなわち、痴女のお店だと思って呼べたなら文句はなかったのかも知れないのだ。そう考えると、ひょっとしたらあの子はファミレスチェーンの某Dが展開するラーメンみたいな存在だったのかもしれない。

店舗ページに戻る

この女の子は....

この女の子に会いたい....

店舗TEL:0120-803-017

※お問い合わせの際は「kaku-butsu(カクブツ)を見た」とお伝え下さい。

このレポートを読んでいる人はこちらの女性をチェックしています。

イベント思い出ページ

私が調査しました!

私が調査しました!

性属性:

AV属性

団員評価傾向

  • 辛
  • 中
  • 甘

この団員評価は...

支持
3
不支持 :
0

この団員評価は...

支持
3
不支持 :
0

この調査団員を支持しますか?

プレイ時間
80分
コース料金
16,000円
入会金
--円
指名料
--円
交通費
--円
割引
--円
ホテル代
3,590円

ユーザーコメント 0件

コメントを書く

動画

店舗情報
  • エコノミー
  • 即プレイ/ハードプレイ
店舗ホームページへ

  • エリア  池袋エリア
  • 最低価格  80分 / 16,000円~
  • 営業時間  24時間営業
  • 在籍数  0人
  • 平均出勤数  0人
  • 年齢層  20代前半

調査店舗一覧

動画紹介