日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

フジテレビ発のアイドル「ディープガール」のCD商法が酷い件!

フジテレビ発のアイドル「ディープガール」のCD商法が酷い件!

最近のアイドルは、CDに握手券が封入されており、音楽を聴くというより、握手をするためにCDを購入する、いわば「AKB商法」が主流になっているが、先日、フジテレビの番組「ディープガール」から生まれたロックアイドルユニット「DEEP GIRL」が、前代未聞のCD商法を発表し、話題になっている。CDを1枚購入すると握手券がついてくる。ここまでは「AKB48」をはじめ、多くのアイドルグループと一緒だ。しかし、CD5枚で握手会での写メ、10枚購入で自分だけのムービーメッセージが送られ、CD30枚でファンとみんなでカラオケ、50枚購入で手紙を書き、75枚購入で1週間モーニングコール、100枚購入で手作りクッキーと一緒に自分だけの撮影会、150枚購入で1時間の電話、300枚購入で2人でランチ(耳かき付き)、500枚購入で2人でディナー(耳かき付き+プリクラ付き)、1000枚購入で1日デート、2000枚購入で一緒に温泉旅行に出かけられるという。アイドルというより超高級デートクラブと言った方が適切かもしれないが、デートをしても、手を繋ぐぐらいはできるかもしれないが、キスがあるわけでも、セックスがあるわけでもない。CDは1枚1080円(税込)なので、2000枚購入ともなると、216万円という途方もない金額になってしまうが、ここまで払い込んでも、アイドルに指一本触れることはできないという想定だ。しかも、「アイドル」という肩書きがついているから特別のように感じるかもしれないが、街を歩けば、彼女たちも普通の女の子。そこに特別な差があるのかと聞かれたら、おそらく「ない」と言っていいのかもしれない。

そこで、うっかりアイドルにハマり、ディープにお金を使ってしまう前にkaku-butsuがオススメしたいのは、そのお金をアイドル以上に可愛らしい女の子とプレイのできる風俗に使うことだ。216万円もあったら、仮にプレイ代とホテル代を合わせた予算を3万円としても、72回も遊べる計算になる。72人の美女にキス、フェラ、クンニ、69、疑似セックスである素股までできて、2ヶ月以上は豪遊できる計算。参考までに、新宿・歌舞伎町には素人系女子とプレイを楽しめる「deep」という名前の店もある。まさにディープガールだ。風俗と言うと、写真と似ても似つかないブスが出てくるイメージがあるかもしれないが、それは素人の幻想だ。実際には、とびっきりの美女と濃厚なプレイを楽しめるもので、kaku-butsuを活用している人は、それを知っているはずだ。(※「deep」の調査レポートを読む