日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【競馬】日本ダービーを当て、豪華な風俗に行こう!(第2回)

【競馬】日本ダービーを当て、豪華な風俗に行こう!(第2回)

今度の日曜(5月31日)は、すべてのホースマンの夢、「日本ダービー」が開催される。今年は、皐月賞を制したドゥラメンテが勝つのか、それとも、伏兵が現れるのかが見どころとなっているが、kaku-butsuとしては、なんとしても皆さんに馬券を的中させていただき、普段は行けない高級店を利用していただきたいと考えている。そこで、皆様の予想の一助になるよう、あらゆる角度から「日本ダービー」を予想していく。

 

■ ダントツの1番人気・ドゥラメンテ

前走の皐月賞は、非常にハイレベルなもので、レーティングは皐月賞馬最高の119ポンド。今では伝説の名馬として語り継がれているディープインパクトやオルフェーヴル(118ポンド)さえ超えているのだ。つまり、数字から分析すれば、過去最強の名馬であり、強烈なインパクトを残した皐月賞の末脚を見ても、東京競馬場で負ける姿はイメージできないというのが一般的な見方のようである。事実、予想屋を生業としている多くの人が、ドゥラメンテを本命にしており、そう簡単に連対を外すような馬ではなさそうだ。

 

■ドゥラメンテを破ったことがある実力馬・リアルスティール

皐月賞で2着に敗れたリアルスティールは、かつて共同通信杯でドゥラメンテを破った実績がある。新馬戦を勝ち、共同通信杯でドゥラメンテを破るも、スプリングS、皐月賞ともに2着に敗れている。とはいえ、安定感は抜群で、今まで連対を外したことはなく、レースの上手さは抜群。折り合いに不安がなく、全兄のラングレーが東京2400mで2勝していることから距離の不安も無さそうで、展開次第では十分に逆転の可能性があると見る人もいる。どんなレース展開になっても対応できるところは魅力的だ。

 

■皐月賞組はレベルが高い・キタサンブラック

スプリングSでリアルスティールに勝ち、皐月賞では3着に好走したキタサンブラックは、名義こそ「大野商事」になっているが、実質的には演歌歌手の大御所・北島三郎がオーナーだ。最近はドクター・コパの所有馬がGⅠレースを勝利するなど、有名人が所有する馬の活躍が目立つ。安定した先行力を武器に、しぶとい競馬をできるところが魅力で、これまでの4戦で負けたのは皐月賞の1回だけ。東京競馬場で2勝しており、左回りに問題はない。あとは展開が味方してくれるかどうかだが、万が一、ドゥラメンテが後方で伸び悩むことがあれば、その隙に1着でゴールを駆け抜ける可能性もある。

 

■実力はあるけど人気がない・サトノクラウン

2歳の時に東京スポーツ杯2歳Sを制し、その後も皐月賞の前哨戦と言われる弥生賞を制したこともあり、皐月賞では1番人気だったが、結果は振るわず6着。出負け気味のスタートに加え、勝負どころの第3コーナーから外を回り、ロスの多い競馬をしてしまったことが敗因と見られている。しかし、この初黒星で人気がなくなり、本来は実力があるはずだが、あまり評価されていない。本来は一瞬の決め手を持つ馬で、ドゥラメンテほど気性も荒くない。前走の敗戦を踏まえ、鞍上のルメール騎手が調整してくるはずなので、直線の長い東京競馬場に代わり、リベンジを果たす可能性はある。当日の気配にも注目したい。

 

■青葉賞から勝利を目指す・レーヴミストラル

初勝利が遅く、デビュー3戦目だったのだが、そこから連勝し、最後は青葉賞を制して日本ダービーへの出走権を得た。末脚が持続するタイプで、外からねじ伏せる強い競馬をしており、3連勝の勢いを持つ。また、青葉賞は日本ダービーとまったく同じコースの同じ距離なので、距離適性の心配をする必要はなさそうだ。ただし、もともと関西馬であるため、短期に2度の長距離輸送に挑戦する上、過去10年間のデータを見てみると、青葉賞から日本ダービーを勝った馬はおらず、皐月賞を戦ってきた馬と比べると、やや見劣りする一面もある。体重が大幅に減っているようであれば、減点してもいいかもしれない。

 

以上、人気になることが予想される5頭のチェックをもとに、「日本ダービー」を的中に導きたい。今後は、風俗界の「あげまんクイーン」たちに「日本ダービー」を予想していただくので、ぜひ楽しみにしていただきたい。(※「日本ダービー」を的中させて、遊びに行く高級店を探す

Tweet about this on Twitter
タグ:
20150519-015