日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【なでしこ】グループリーグの大事な初戦、スイスに1-0勝利!

【なでしこ】グループリーグの大事な初戦、スイスに1-0勝利!

カナダで開催中の女子W杯で、日本はグループリーグ初戦の相手・スイスと対戦し、1-0で見事勝利した。kaku-butsuでは、なでしこジャパンの大会2連覇を応援するため、首都圏の優良店から選抜した11人の応援チーム「kaku-butsu JAPAN」を結成。勝利の女神たちと一緒にW杯優勝までを見届ける予定だが、大事な初戦を勝って一安心。

スイスとの一戦は、なでしこジャパンが4年前の布陣とほぼ同じメンバーで挑み、澤穂希が先発出場。澤はこれで代表200試合目。その他に、大儀見、宮間、大野、坂口、岩清水、熊谷など、経験豊富な選手たちが揃え、GKにはスイスの高さを警戒し、身長187cm、全選手の中で最高身長の山根を起用。女子サッカーはルックス重視派の皆さんのアイドル、川澄奈穂美選手はベンチスタートとなったが、フランス・モンペリエで活躍する宇津木瑠美が先発出場。試合は終始、カナダに押され気味に進んだが、前半29分にペナルティーエリア内でキーパーのアフタープレーで倒された安藤がPKを獲得し、これを冷静に宮間が沈め、これが決勝点。後半はスイスのバッハマンのドリブルを止めることができず、再三にわたるピンチを迎えたが、相手のシュートミスもあって、どうにかしのぎ切った。

なでしこジャパンの次の試合は、日本時間6月13日(土)11時からキックオフとなり、同じグループのエクアドルに6-0で大勝しているカメルーンと対戦する。(※女子W杯を応援するSP企画を見る

Tweet about this on Twitter