日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

やっぱりキャッチは危険だった!?歌舞伎町の危険な飲食店には要注意!!

やっぱりキャッチは危険だった!?歌舞伎町の危険な飲食店には要注意!!

日本一の繁華街、歌舞伎町では「客引き行為禁止条例」が施行され、一時期は街中からキャッチ行為が激減した。しかし昨年末から今年の春にかけて、今まで鳴りを潜めていたキャッチ集団が急増し、深夜になると街中が黒服を着た男達であふれる。kaku-butsuではSP企画「緊急検証!歌舞伎町では今」で、実際に10万円をピッタリぼったくられる企画を行った。バリバリに整形した中国人の高齢者や、大仏のような顏をした中国人の高齢者たちが「自分は20代前半の日本人だ」と主張。「キャッチについて行ってはダメだ」ということを身一つで実証した。

 

最近の調査によると、どうやら風俗のキャッチは日ごとに減っているらしい。風俗業界健全化を目指すkaku-butsuとしては喜ばしいことだが、その分増えたのが飲食店のキャッチ行為だ。「ARI●L」という店をキャッチに案内され、45分間で40万円もぼったくられた事件もある。ぼったくりという詐欺被害にあっても、歌舞伎町のお巡りさんは助けてくれないどころか、「貴方とお店の人で解決してください」とほったらかしだ。風俗遊びのみならず、キャバクラなどの飲食店をご利用の際には、絶対にキャッチについていかないようにご注意を。
※「kaku-butsu」で安心なお店を探す

Tweet about this on Twitter
新宿