日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

お城巡りが好きな「歴女」が風俗戦国時代の池袋に舞い降りた!

お城巡りが好きな「歴女」が風俗戦国時代の池袋に舞い降りた!

休日は城を巡り、好きな街は彦根、好きな有名人が真田幸村という筋金入りの歴女が、風俗戦国時代と言われる池袋に舞い降りた。池袋の人気ホテヘル「池袋LIP」に入店したばかりの新人・おとは(21)さんは、身長155cm、3サイズは84(C)・58・86。前職はカラオケ店の店員だったという彼女は、端正なお顔立ちで清楚な雰囲気の正統派美少女なのだそう。今まで見た映画で一番面白かったのは「清州会議」で、最近観た映画は「ざくろ坂の仇討」というので、本格的な「歴女」のようだ。もし、あなたが歴史に詳しいのであれば、彼女との時間は最高に盛り上がること間違いなし。あまり出勤は多くない印象だが、7月10日(金)は17時~23時で出勤予定だ。

「池袋LIP」では、「kaku-butsu見た!」と言うと、通常45分1万6000円のコースが50分1万円に。通常60分2万円のコースが、70分コース1万5000円になるなど、かなりお得なサービスを受けられる。(※「池袋LIP」の調査レポートを読む

Tweet about this on Twitter
20150630-002