日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【未調査】新店「激安デリフェスタ」とは、どんなお店なのか?

【未調査】新店「激安デリフェスタ」とは、どんなお店なのか?

サラリーマンのお小遣いが年々減少し、2520億円の新国立競技場に、安保法案可決に伴う数兆円の軍事費の増加で、さらなる増税が予定される中、風俗業界はどうなっているかと言うと、とてつもなく可愛い女の子が、とてつもなく激安価格でやってくると謳うホームページが急増している。最近、池袋にオープンした「激安デリフェスタ」も、その一つだ。その料金は60分8000円で、プロフィール上には「こんな美女が!?」と思う女の子たちが載っている。もちろん、風俗の常識から考えれば、そんなことは絶対にあり得ない。あり得ないことが起こることを期待してしまう猛者たちもいるが、美女が激安価格でやってくるというミラクルは、風俗検索サイトで細々とニュースの記事を書いているオジサンが、明日にもAKB48の人気メンバーと結婚するぐらいの確率であり得ないのだ。しかも、美女たちの出勤をチェックすると、これまたあり得ないほどの出勤率の高さ。なんと、全員が休まず出勤していることになっているのだ。もし、これが本当だとすれば、よほど大きな組織が強制労働させているのではないかと疑いたくなる。もっとも、かなりの確率で「写真の女の子は存在しない」と言えそうなので、強制労働なんていうブラックな話にもならなそうだが。ということで、6月末に人知れずにオープンしたと思われる「激安デリフェスタ」という店であるが、女の子の写真と料金を見るに、風俗でトラウマを作ることを趣味にしている偉大な冒険家以外にはオススメしがたい店であると言えそうだ。これなら池袋のオナクラにでも行った方が、よほど高い確率で可愛い女の子に出会うことができるので、激安に釣られてお金をドブに捨てる前に、矛盾点を検証した方がいいかもしれない。覆面調査を実施しない限り、悪質店であると断定はできないが、写真のような女の子が来ることを保証するものは何もない。(※池袋周辺のデリヘルを探す

Tweet about this on Twitter