日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【未調査】「本業おわってうかがいます」は、どんなお店なのか?

【未調査】「本業おわってうかがいます」は、どんなお店なのか?

コンセプトは非常に面白いし、お店の名前も素晴らしいのに、女の子の写真がどこまで本当なのかが分からない非常に惜しいお店を発見してしまった。池袋のデリヘル「本業おわってうかがいます」。風俗あんしん決済事務局の「優良店」というマークがついているが、実際のところ、決済が安心なだけで、写真のとおりの女の子がやってくるという保証はどこにもなく、「本日出勤」として掲載されている女の子の半分以上(おそらくほぼ全員に近い)が実際には存在しないのではないかという疑惑がある。これまで何度も言い続けてきたことだが、入会金も指名料もなく、60分1万3000円(45分1万円)で、10代や20代のかわいい美少女たちがやってきて、生フェラもあって、クンニもできて、69も素股もできる世界なんて、日本には存在しない。アジアの発展途上国では、違法ながら、もっと安く美女を抱くことができるかもしれないが、そもそも物価が異なり、人々の年収が10万円を下回る世界の話だ。少なくとも100万円以上稼がないと人間らしい生活ができない日本では、女性としての価値が非常に高い「若くて可愛い女の子」が、この値段でヘルスプレイをしてくれるなんて、「絶対にない」と断言したい。風俗のことだけしか考えていない風俗ライターが、「そんなものを見たことがない」と断言しているのだから、少しは風俗初心者の皆さんにも伝わるだろうか。このお店は、コンセプトが大変素晴らしく、真面目に経営すれば、池袋という激戦区の名店になることも夢ではなかっただろうに、にわかに存在するとは考えにくい美女の写真が使われ、60分1万3000円でヘルスプレイができると言い、風俗にトラウマを持つ人を増やしているのだとしたら、残念でならない。もちろん、覆面調査を実施するまでは優良店とも悪質店とも判断できないが、女の子のリクルートページでは「女の子のバック率90%」と謳っているところも、「そんなはずはない!」と断言したい。お客さんを1人つけて、ようやく1000円の粗利。これが本当だとしたら、この人は何のために風俗業を営んでいるのか。このお店は、さまざまな広告サイトに掲載されているが、世の風俗検索サイトも、今後は掲載する店を選ぶべきかもしれない。騙されるのが当たり前の風俗業界も、時代とともに、ゆっくりでも進化することを願いたい。(※池袋周辺の風俗店を探す

Tweet about this on Twitter
20150703-004