日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【未調査】世界一ブス専門店「ご奉仕ガール」とは、どんな店か?

【未調査】世界一ブス専門店「ご奉仕ガール」とは、どんな店か?

地雷を売りにするという逆転の発想で、その名が全国に轟いた「鶯谷デッドボール」。今となっては「ブスを抱く」と言えば、即座に「デッドボール」の名が浮かんでくるが、これに負けず劣らずの「世界一ブス専門店」を自称しているのが、池袋の「ご奉仕ガール」である。そもそもブスが来ることを約束している店のため、多少写真と異なるブスが来たとしても、世界一ブス専門店という看板には偽りがないため、kaku-butsuでは地雷店ではなく、優良店として扱われることになるが、「そもそもこのお店を調査してほしい人がいるのか?」という根本的な疑問が湧いてくるため、一応、覆面調査のための電話取材も自粛しておくことにする。ちなみに、女の子たちの源氏名は「しろいろ」や「ぴんくいろ」など、さまざまな色で表現されているのだが、せっかくブスを抱きに行こうというのだから、気になるのはダントツで「うんこいろ」の女の子だ。うんこいろ(31)は、キャンセルする人が続出で、この女性をチェンジする場合は、他の女の子と違って無料だそうだ。それほど強烈なキャラクター性を誇る、うんこいろ(31)とは、どんな女性なのだろうか。女性の3サイズさえ秘密にされているところが、ますます興味をそそられる。が、ここは偉大なる風俗冒険家に調査を委ねるとして、これ以上は触れないことにしたい。とにかく人の性癖というのは千差万別で、ブスであればブスであるほど興奮する人もいる。そんな方には、ぜひとも、うんこいろ(31)を抱いてきて感想を教えてほしい。(※池袋周辺の風俗店を探す