日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

[競馬企画]kaku-butsu競馬班が「秋華賞(GⅠ)」を大予想!

[競馬企画]kaku-butsu競馬班が「秋華賞(GⅠ)」を大予想!

今日から12月27日(日)の有馬記念まで、毎週日曜日は競馬のビッグレースが目白押しだ。来年から有馬記念の賞金が3万円になるなど、ますます盛り上がりを見せる競馬界だが、我々も競馬を的中させ、一獲千金で風俗に行きたいものだ。

さて、今日開催されるのは京都競馬場・芝2000mで争われる「秋華賞(GⅠ)」だ。3歳牝馬が「最強牝馬」の座をめぐり、春の桜花賞、夏のオークスとともに争う最後のタイトル。桜花賞はレッツゴードンキ、オークスはミッキークイーンが制しているが、秋華賞を制する馬は、一体、どの馬なのか。やや予想の難しいレースとなっているが、それだけに一獲千金のチャンスは大きい。

kaku-butsu競馬班が導き出した答えは、本命に⑩レッツゴードンキ。非常にレベルの高かった前走のローズSを粘り込んでの4着は、休み明けながら実力を証明したレースと言え、前回も叩き2戦目で桜花賞を制しており、レース展開にこだわらない自在の脚質が魅力的で、前々で競馬ができることも考えると、岩田騎手の手綱裁きにも期待がかかる。対抗には⑱ミッキークイーン。2400mのオークスを制しており、距離には問題なく、休み明けのローズSで2着に入った実力は圧倒的。最後にとてつもない末脚を見せてくれる可能性は高い。やはりレッツゴードンキとミッキークイーンの二枚看板は外せないだろう。二枚看板と言えば、レース当日は「派遣人妻エマニュエル」の二枚看板の橋本(28・写真右)さんと櫻井(27・写真左)さんがダブル出勤する。これもまた見逃せない話だ。話は戻って、単穴には武豊が騎乗する⑦トーセンビクトリー。伏兵の一番手には⑪タッピングスピーチ。とりあえず、ローズSの1着から4着までの馬は片っ端から買っておきたいというのが、今回の秋華賞の予想だ。その他、②クインズマラーグロ、⑥マキシマムドパリ、⑧ホワイトエレガンス、⑨クイーンズリング、⑫アンドリエッテを押さえておけば、一獲千金に近づけると予想する。レースは、15時40分スタートだ。(※「派遣人妻エマニュエル」の調査レポートを読む