日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

歌舞伎町のラブホテル「まつき」で火事があり、宿泊客が死亡!

歌舞伎町のラブホテル「まつき」で火事があり、宿泊客が死亡!

歌舞伎町の老舗ラブホテル「まつき」で7日、火事があり、2階に宿泊客していたとみられる女性(63)が死亡した。ネット上の噂では、30年以上前に連続殺人事件が起こったとされ、たびたび心霊現象が起こると不気味がられていたホテルだったが、火元は1階のフロント付近とみられ、やはり呪われているのではないかと話題になっている。消防法では、床面積が1000平方メートル以上の施設ではスプリンクラーの設置が義務付けられているが、このホテルは880平方メートルということでスプリンクラーは設置されていなかった。出火時にはホテルのオーナー家族の80代男性、70代女性、50歳男性が1階におり、2階の客室に女性客がいたそうだが、亡くなった女性は逃げ遅れてしまったようで、死因は一酸化炭素中毒だと推測されている。1泊6000円前後で泊まれるため、歌舞伎町では最安値クラス。デリヘルを呼ぶために利用した人もいたかもしれないが、もう利用できそうもない。火事が発生した時、周辺のラブホテルに泊まっていたカップルたちも飛び出して来たそうだが、幸いにも隣接するラブホテルには燃え移っておらず、1時間半ほどで消し止められたようで、被害は大きくならなかった。歌舞伎町のド真ん中ということで、立地だけは良いこともあり、周辺のホテルが進化する中、古き良き昭和の趣を漂わせるレトロなホテルだったのだが、火災で死亡事故が起こってしまった以上、リニューアルをして客足が戻るとは考えにくく、しばらく放置された後、忘れた頃に飲食店向けのビルが建つのではないかと予想されている。現在も警察と消防による現場検証が続いているが、通行することはでき、歌舞伎町は今までと変わらない落ち着きを取り戻している。(※新宿周辺の風俗店を探す