日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【コラム】電力自由化に便乗すれば風俗代を捻出できるのか?

【コラム】電力自由化に便乗すれば風俗代を捻出できるのか?

今年4月からの電力自由化で、東京近郊に住んでいる人は、必ずしも東京電力と契約しなくても良くなり、東京ガスやソフトバンク電気など、お得な料金プランを用意した「新電力会社」と契約すれば、それだけで年間の電気代が少しお得になる。そう、電気の契約先を見直すだけで、1回くらい風俗に行けるかもしれないのだ。風俗に行くために安いランチを食べ、涙ぐましい努力をしている皆さんも、これはチェックしておくべき情報と言えるのではないだろうか。

今回の電力自由化は、実は、ただ電気代が安くなるわけではない。ソフトバンクやKDDI(au電気)を利用する場合は、携帯電話とセットになる。あるいは、東急パワーサプライやジュピターテレコムと契約する場合には、ケーブルテレビを契約する必要がある。要するに、必ずしも電気だけを単体で安くしてもらえるわけではないのだ。それでも年間で計算すれば、契約先を変えるだけで風俗1回分ぐらいのメリットはある。最も注目度が高いのは、JXエネルギーが提供する「ENEOSでんき」だ。ENEOSと言えば、ガソリンスタンドでお馴染みだが、原油を取り扱う会社だけに火力発電によるお得な電気プランが用意されており、マンションで一人暮らしや二人暮らしをしている人なら約7000円のお得になる。2年契約をしなければならないが、電気単体で契約できるため、ほぼ解約の可能性はないだろう。同じくガソリンスタンドでお馴染みの昭和シェル石油のドライバーズプランでは、マイカーを持っている人に限定されるセットプランになるが、ガソリン1リットルにつき10円割引になり、さらに電気代も安くなるプランで、約8000円の電気代がお得になる。デリヘルのドライバーを生業にしている人には、かなり耳寄りなプランだと言えるのではないだろうか。戸建て住宅で家族4~5人で住んでいて、電気をよく使っている人なら、「ENEOSでんき」だと約2万8000円のお得になり、ここまで来ると完全に高級店を利用できる域に突入する。ちなみに、この「ENEOSでんき」のお得なプランは3月末までに申し込んだ人が一番お得のようで、新電力会社の契約を見比べて、なるべく早く自分にピッタリのプランを見つけだし、ぜひ1回でも多く風俗に行っていただきたいものである。(※電気代を見直して行きたい高級店を探す