日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

お得にパンティをゲットするなら2月29日までに行こう!

お得にパンティをゲットするなら2月29日までに行こう!

サブカルの聖地・中野にポツンとある箱ヘル「メイドin中野」。フリルのヘッドドレスに清楚なオーバーに―ソックス。お出迎えの言葉は「お帰りなさいませ、ご主人様」。お部屋に入れば、メイドがご奉仕してくれる。そんな「メイドin中野」なのだが、パンティのオプションが3月1日(火)から改定され、東京・埼玉エリアのオプション料金を統一するため、これまでの500円から1000円に改定されるという。夢のない話だが、よく売られている「使用済みパンティ」は、本当に穿いているものはほとんどない。しかし、風俗店のオプションになっているパンティは、まさに目の前で穿いているパンティを持ち帰ることができるというものだ。よく考えると500円で可愛い女の子の使用済みパンティがゲットできるというのは安すぎる。1000円でも安いくらいだが、メイドさんの匂いがついたムレムレのパンティを今月中にゲットしておきたい。

「メイドin中野」では、kaku-butsuの携帯・スマホ画面を提示するか、kaku-butsuの「メイドin中野」のページをプリントアウトしたものを持参すると、ご新規様はオールタイム1000円割引となる。(※「メイドin中野」の調査レポートを読む

Tweet about this on Twitter
20160215-013