日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

新宿区が東京弁護士会の「ぼったくり被害110番」の活動を表彰

新宿区が東京弁護士会の「ぼったくり被害110番」の活動を表彰

東京弁護士会による、歌舞伎町でのぼったくり被害者を救済する活動「ぼったくり被害110番」が新宿区に表彰されたと「弁護士会ドットコムNEWS」が伝えている。

この活動は、東京弁護士会の若手弁護士が夜の歌舞伎町をパトロールし、ぼったくり被害者からの相談に乗る、ぼったくり被害者に代わって

店舗との交渉に当たるなどして被害者の救済を目指す活動のようだが、この活動のおかげで、キャバクラなどの店舗型のぼったくり店は歌舞伎町から続々と姿を消しているようだ。しかし、レンタルルームなどを使った無店舗型のぼったくり被害などは依然として発生しているとのことなので、新宿にてキャバクラや風俗店を利用する際には、そのことを忘れないようにしたほうが良いだろう。

また、SP企画「今、新橋が危ない」でもお伝えしたように、締め付けの厳しくなった新宿区を飛び出し、他の街でぼったくりを行う悪質業者が増えているという情報もあるので、どこの街で遊ぶ際にも注意を怠らないようにしていただきたい。

(※記者が実際に歌舞伎町のキャッチについていった結果を見る)

Tweet about this on Twitter