日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

話題のジカウイルスが性交渉で感染することが確認される!

話題のジカウイルスが性交渉で感染することが確認される!

世界的にも大きなショックを与えるニュースの一つと言えるだろう。南米で流行中のジカウイルスが、性交渉で感染することが明らかになった。これまでジカウイルスは蚊を媒介して感染することは知られていたが、性交渉でも感染することが分かったのだ。性交渉による感染が確認されたのはチリで、ハイチで感染した男性と性交渉した46歳の女性がジカウイルスに感染したためである。ジカウイルスに感染すると小頭症などの胎児の先天異常が発生すると考えられている。今年の夏にオリンピックを控えたブラジルで流行しており、今は遠い南米のニュースに過ぎないが、オリンピックを観戦した旅行者が感染し、ウイルスを世界中に持ち帰ることが予想されている。性交渉で感染するとなると、日頃から風俗を嗜んでいる紳士にとって、対岸の火事ではなくなってくる。kaku-butsuで紹介しているのは、あくまでデリヘルやエステなどの本番行為のないお店であるが、それでも一つのリスクとして頭に入れておく必要があるだろう。これから子供を作る可能性がある風俗ユーザーは、特に注意が必要だ。なお、もしもジカウイルスに感染してしまった場合には、男性は少なくとも6ヶ月は性交渉を控えるべきだと、アメリカ疾病対策センターは発表している。一方、ジカウイルスへの観戦が確認された女性は、発症から少なくとも8週間は妊娠を待つべきだとしており、妊娠を望まないカップルの間で性交渉する場合にも注意が必要だという。半年間も風俗に行けないなんて拷問のようなことが起こる前に、南米に用事のある人は特に注意していただきたい。

Tweet about this on Twitter