日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【競馬】第83回・日本ダービーで一獲千金して風俗に!(#1)

【競馬】第83回・日本ダービーで一獲千金して風俗に!(#1)

いよいよ今度の日曜日は、「第83回・日本ダービー(GⅠ)」が開催され、2013年生まれのサラブレッド6913頭の頂点に輝く馬が決定する。これまで数々のレースを予想してきた「日刊kaku-butsuニュース」では、今週をダービーウィークとして、「日本ダービー」を徹底分析。皆さんの馬券的中に貢献し、一獲千金していただき、ぜひ風俗に行っていただきたいのだ。25日(水)・26日(木)・27日(金)・28日(土)・29日(日)と全5回の「ダービー分析」をお届けする。

 

第1回目の今日は、過去のダービーを振り返ってみる。東京の芝2400mで争われる日本ダービーは、皐月賞で好成績を残した馬が勝つ傾向にある。参考までに、皐月賞の着順は、優勝がディーマジェスティ、2着がマカヒキ、3着がサトノダイヤモンドだった。弥生賞の結果からも、エアスピネルを含めた3強だと思われていた皐月賞で、ノーマークだったディーマジェスティが入ったことで、ダービーは難しくなった。エアスピネル、リオンディーズも注目の馬である。やはり皐月賞で1着~5着に入っている馬は有力候補となる。データから言うと、青葉賞から優勝した馬はおらず、2着が最高。注目のヴァンキッシュランには不利なデータとなっている。さすがに日本ダービーとなると、3歳1800m以上の重賞を勝っていない、もしくは、GⅠに連対したことがない馬は、ほぼ勝てないと言っていい。18頭のフルゲートで争われる予定だが、日本最高峰のレースで実績のない馬が穴を開けるというのは、ほぼ不可能と言っていいようだ。逆に、過去10年のうち、1番人気が優勝したのは5回、2着1回、3着1回で、ほぼ3連単の馬券にはカラんでいると言える。過去5年で見ると、6番人気以下の馬が連対に絡んだことは1度しかなく、かなり堅いレースになる傾向にあるようだ。血統で見ると、ディープインパクト産駒はダービーとの相性が良く、キングカメハメハ、ステイゴールドなども良い。皐月賞馬のディーマジェスティ、2着のマカヒキ、3着のサトノダイヤモンドはディープインパクト産駒。4着のエアスピネル、5着のリオンディーズはキングカメハメハ産駒。青葉賞のヴァンキッシュランもディープインパクト産駒なので、人気上位が予想される馬の血統には問題がなさそうだ。逆に言うと、今回の日本ダービーも堅いレースになりそうだ。有力馬の中でデータがないのは、ダノンシャンティ産駒のスマートオーディン。毎日杯(芝1800m)、京都新聞杯(芝2200m)を勝っているため、実績には問題がないが、血統的には優秀で母はイギリスやアメリカなどで4勝している実績馬だ。GⅠには出走していないが、重賞3勝の実績は輝かしく、選択肢としてはまだ外せない1頭だ。明日からは1頭ずつ分析を始めていくので、日本ダービーを的中させて、高級風俗店で遊びたいものだ。

Tweet about this on Twitter
タグ: