日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【競馬】第83回・日本ダービーで一獲千金して風俗に!(#2)

【競馬】第83回・日本ダービーで一獲千金して風俗に!(#2)

いよいよ今度の日曜は、競馬界の夢を乗せた「日本ダービー」が開催される。このビッグレースを前に、たびたび勝利の女神による競馬予想をお届けしてきた「日刊kaku-butsuニュース」も気合い十分。一攫千金の夢馬券を当てて、高級風俗店に行きたいところだ。今日は有力馬7頭のうち、まずは3頭を徹底解析。注目のレースに備える。

 

●ディーマジェスティ

優勝した皐月賞では人気がなかったディーマジェスティ。未勝利戦を勝った後、ホープフルSに出走する予定だったが、脚部不安のために出走取消となり、その次のレースの共同通信杯ではハートレーやスマートオーディンなどの有力馬をなぎ倒し、勝利を収めるも、信頼を得ることはできなかった。しかし、能力は非凡で、皐月賞はレースレコードでの勝利。共同通信杯は6番人気、皐月賞は8番人気での勝利となった。東京競馬場の左回りは共同通信杯で経験済。ロングスパートが持ち味のこの馬にとって、直線の長い東京競馬場は歓迎要素で、ディープインパクト産駒で距離延長も問題なし。道悪でない方が望ましい。鞍上の蛯名騎手は今年34勝でリーディング8位。ベテランで信頼できる騎手の一人だと言っていい。

 

●マカヒキ

デビュー以来、底知れぬ強さを見せ続けていたマカヒキ。新馬戦、若駒S、弥生賞と3連勝し、皐月賞で初めて2着に敗れた。それでも連対率は100%で、皐月賞では2着に甘んじたとはいえ、強いレースぶり。まだキャリア4戦なので、上積みがあると見る予想屋も多い。母が短距離血統であること、東京の左回りコースが初めてであることをやや不安視する声もあるが、全レースで上がり最速をマーク。1000m63秒4の超スローペースだった若駒Sでもピッタリ折り合ったように、気性面での心配が少ないことから安定した成績が期待できるのも魅力。2歳王者のリオンディーズには2戦2先着。この世代の中で実力が抜きんでていることは確かだと言える。鞍上の川田騎手は今年52勝でリーディング4位と絶好調。騎手としての不安はない。

 

●サトノダイヤモンド

皐月賞は3着に終わったが、直線で接触する不利があり、レース展開も向かず、実力を出し切れなかったと見られている。新馬戦、500万下、きさらぎ賞と3連勝しているが、いずれもノーステッキでの圧勝。この馬のポテンシャルを考えれば、十分に逆転の可能性はある。ダービーを見据えた余裕のローテーションは他の馬より有利。東京の左回りコースは初めてとなるが、鞍上の意のままに走れる操作性の良さを考えても不安はなく、距離延長と広い東京コースは大歓迎。一線級の馬が揃った皐月賞でも崩れることはなく、不利の後も諦めずに食い下がった勝負根性も評価でき、レースセンスも含めて実力上位。鞍上のルメールは今年80勝でリーディング1位。ルメールの乗っている馬を買えば、とりあえず当たる。

 

皐月賞で好成績を残している馬たちは実力上位。あとは、皐月賞4着や5着に甘んじた馬たちが逆転できるのか。あるいは、青葉賞などを勝ち進んで切符を手にした実力馬たちの下克上はあるのか。このあたりの分析は、また明日お届けしたい。

タグ: