日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【競馬】第83回・日本ダービーで一攫千金して風俗に!(#3)

【競馬】第83回・日本ダービーで一攫千金して風俗に!(#3)

今度の日曜は「日本ダービー」。どの馬が勝ってもおかしくないほどの実力馬が揃い、いつになく予想が難しくなっているが、馬券を的中させて、高級風俗店に行きたい。そんな皆さんのために、今日も有力馬をご紹介させていただこう。

 

●リオンディーズ

新馬戦を勝ち、いきなり挑んだ朝日杯フューチュリティSで優勝。見事に2歳王者に輝いた。弥生賞では2着に甘んじるも、皐月賞での優勝が期待されたが、速い流れの中で前で早めに動く競馬を展開し、4着に入線するも、進路妨害があったため5着に降着されることとなった。母はオークスを制したシーザリオ、兄はジャパンCを制したエピファネイアで、東京競馬場の2400mは一家で勝ってきた血統。早めに仕掛けることなく、後方でじっくりと足を溜める本来のレースができれば強い可能性はある。負けた弥生賞、皐月賞は前々でレースをしており、本来の能力を引き出すことができれば逆転の目はありそうだ。鞍上のデムーロは今年60勝でリーディング3位。大きなレースを勝つタイプの騎手だ。

 

●エアスピネル

弥生賞の時には、同世代3強と言われる中の一角を成していたエアスピネルだが、朝日杯フューチュリティSでリオンディーズに敗れ、弥生賞ではマカヒキにもリオンディーズにも敗れ、皐月賞ではディーマジェスティ、マカヒキ、サトノダイヤモンドに負けていることから、実力は一歩劣ると考えられている。強いメンバーと戦いながらも掲示板を落としたことはなく、成績は安定している。そもそもは2000mをこなせるのかという不安があった馬だったが、2000mでそれなりの実績を残し、母のエアメサイアはオークス2着の実績があり、レースセンスが良いので、2400mでも大丈夫だろうという根拠のない予想になっている。鞍上の武豊は今年32勝でリーディング10位。

 

●スマートオーディン

東スポ杯2歳S、毎日杯、京都新聞杯を制し、日本ダービーに挑戦。重賞3勝の実績は、この中で最も輝かしい実績と言える。唯一、6着に終わった共同通信杯は12キロ増だったので、実力を発揮できなかったと見ることもできる。血統的にはマイルから2000m前後の中距離が合いそうだが、スタミナはある。スローになった時の折り合いなどに心配な面があるが、折り合い面での成長は見られ、最後の直線で切れ味の鋭さをどれだけ見せられるかがカギとなる。共同通信杯は馬場が渋めだったこともあり、切れ味勝負のこの馬には良馬場でることと展開の注文がつく。上位の実力馬たちが展開に注文がつかない強さを持っていることを考えると、実績は残しているものの、有利だとは言い難い。鞍上の戸崎騎手は今年72勝でリーディング2位。重賞を連覇に導く名コンビとなっているだけに、展開に注文がついてもどうにかしてくれるかもしれない。

 

●ヴァンキッシュラン

皐月賞組以外では、最も期待されている馬だと言っていい。前走の青葉賞は強いところを見せつけるレース。2400mに確かな実績があり、勝負強さがある。しかし、未勝利戦を勝つまでに4回もかかり、皐月賞をはじめ、他の重賞を勝ってきた実力馬との対戦は初めてとなる。折り合いがスムーズで、道中のタメが利くタイプなので、最後の直線で確実な末脚を使えるタイプで、堅実なレースは期待できるが、それが第一線級の馬たちにどこまで通用するのかは未知数。実力馬が差し・追い込みに集中している中で、ヴァンキッシュランも同型なので、特別に有利なわけでもなく、実績を重視するのなら一枚劣ると見られても仕方がない。鞍上の内田博は今年40勝で、リーディング5位。ベテランの底力を見せるか。

 

分析してみると、やはり例年のごとく、皐月賞組は強いのではないかという結果になってくるのだが、「オリンピックイヤーは荒れる傾向にある」とも言われる日本ダービー。どのような結果になるのだろうか。25日(日)15時40分(東京10R)発走だ。

Tweet about this on Twitter
タグ: