日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【競馬】第83回・日本ダービーで一攫千金して風俗に!(#4)

【競馬】第83回・日本ダービーで一攫千金して風俗に!(#4)

いよいよ明日は「日本ダービー」。これまで「日刊kaku-butsuニュース」では、このビッグレースを前に3日間にわたって有力馬を分析してきたが、そろそろ「まとめ」をする段階に差し掛かった。馬券を的中させて、ぜひとも高級風俗店に出かけたいところだ。

 

kaku-butsu競馬班の本命は、③マカヒキ。最後方に近い場所で前の様子を見ながら競馬をすることになると思うが、強力で安定した末脚は2着の皐月賞でも健在で、展開次第では勝っていてもおかしくない。そのレースぶりを見る限り、父・ディープインパクトを彷彿とさせる豪脚の持ち主で、ケタ違いの能力を持っているはずだ。ダービーという大舞台で爆発する可能性と安定した実績で、馬券にカラんでくれると信じたい。

対抗には⑧サトノダイヤモンド。リーディングジョッキーのルメール騎手が騎乗し、皐月賞3着を修正し、巻き返してくるはずだ。前々走の「きさらぎ賞」は持ったままの圧勝。皐月賞は直線で接触する不利もあり、思ったようなレースができなかったが、ポテンシャルは非常に高く、少し渋い馬場であることを考慮した上で、追い込み馬がモタモタしている間に好位から差す同馬が圧勝する可能性がある。

単穴には①ディーマジェスティ。東スポの本誌予想がノーマークにするなど、体調回復に不安があるとされるが、能力の高さは皐月賞で証明しており、共同通信杯での差し切りを見ても、能力に疑いはない。伏兵の筆頭に⑫リオンディーズ。前走は本来の戦い方とは言えない逃げを選択して4着入線の降着で5着。能力が発揮できれば、王者の戦いができると思われる。

以上の4強が能力としてはズバ抜けており、これ以外の馬が上位に食い込む余地は少ないと見ているが、伏兵2番手に重賞3勝の実績から⑩スマートオーディン、青葉賞でやたらと期待されている⑭ヴァンキッシュラン、一応は実績のある⑤エアスピネル。ここからさらに劣ってしまうが、⑱プロディガルサン、⑨マウントロブソン、⑬レッドエルディストあたりをフォローしておけば、今年のダービーは的中できるのではないかと予想する。

タグ: