日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

東京五輪に向け、ラブホテルの一般ホテル化を政府が後押し検討!

東京五輪に向け、ラブホテルの一般ホテル化を政府が後押し検討!

2020年の東京五輪では、多くの外国人観光客が押し寄せ、深刻なホテル不足が起こると予想されているが、政府はラブホテルを一般ホテルに改装する場合、改装費の一部をバックアップすることを検討している。ラブホテルは日本独特の文化で、最近はカプセルホテルと同じように、外国人観光客が「泊まりたい!」と話題にしているが、政府は一般ホテル化を目指しているようだ。政府の関係者は、多くのラブホテルは個人商店となっているため、改装費を調達できずに困っていると考えているようだ。「このままでは都内のラブホテルが減ってしまうのでは?」と心配する声があるかもしれないが、おそらくラブホテルの一般化は進まないと見る。というのも、都内のラブホテルはバブル期に建てられたものが多く、その経営者たちは高齢となっており、安定的に収入の得られるラブホテルを変革しようとは思っていないと考えられるからだ。そのままでも十分に利益が得られるのに、一般ホテル化して再び回収する頃には寿命を迎えているかもしれない。経営者の視点から見ると、いくら融資してくれると言っても、一般ホテル化することに大きなメリットを見出しにくいからだ。仮に融資ではなく、補助金という形で突っ込まれることになると、「俺たちの税金をラブホテルの改装に使うのかよ!」という市民の怒りに発展しそうである。果たして、東京五輪のホテル不足は解消されるのか。政府は民泊も含めて検討しているが、なかなか解消されそうにないのが現実だ。

 

▼kaku-butsuからのお知らせ▼

6月22日(水)20時~22時に、SOD本社1階で「1000人インタビュー公開取材」を開催いたします。風俗界の新たなスターを発掘する登竜門と言うべきイベントとなっており、プレミアム会員様・ライト会員様は無料でご招待。一般会員様は入場料3000円でご案内となります。プレミアム会員様はVIP席をご用意させていただきます。お申込みはコンシェルジュ、または、こちらからご応募ください。