日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

「レポートの点数が改ざんされている!」と思っている皆様へ。

「レポートの点数が改ざんされている!」と思っている皆様へ。

kaku-butsuのことを好きな風俗店もあれば、嫌いな風俗店もあるもの。話題になれば話題になるほど、好きと嫌いに別れてくる。それは仕方がないことだが、kaku-butsuを嫌いな人たちは、その多くがシステムを理解しておらず、一部の方々の間で囁かれている「店舗と癒着しているんだ」という噂を信じている。そういう方々には、疑惑をかけられている側のkaku-butsuがどれだけ丁寧に説明したところで信じてはもらえないのだろうが、とりあえずシステムだけでも説明しておきたい。

kaku-butsuの覆面調査レポートは、中立的な立場で実施されており、店舗が点数に対して異議を申し立てることはできない。当然ながら、覆面調査団員がつけた点数がそのまま乗ることになる。ただし、そのレポートをもとに店舗が教育をしたり、女の子が自分の欠点に気づいて接客やテクニックを改善することは日常的に行われている。そこで、kaku-butsuでは、改善の見られた女の子の再調査を実施している。そして、再調査の結果、女の子の点数が伸びている場合には、「過去を忘れてあげる原則」に基づき、レポートの入れ替えをすることになっている。うまくプレイできなかった昔のレポートが永遠に残るのではなく、今の女の子を評価してあげるシステムなのだ。そのため、点数の低かったレポートは削除される形となり、一部の方々が噂している「レポートが消えて点数が上がっている!」という現象が起こっている。もし、このレポートを信じてプレイをしたものの、思ったほどの点数ではないと感じた時には、ぜひともコメント欄で主張していただきたい。覆面調査の点数のみならず、ユーザーの皆様の体感点数も表示されていれば、そのレポートの正確さは増し、より信憑性のあるレポートになることだろう。

Tweet about this on Twitter