日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【コラム】「ガールズコレクション」を開催する意気込み(#4)

【コラム】「ガールズコレクション」を開催する意気込み(#4)

昨年4月に開催された「マル秘体験ショー」は、100万円を超える赤字だった。会場となった劇場型レストランは、CDを流したり、マイクを使うことはできても、イベントをできるほどの設備はなかったため、音響も照明も自分たちで準備しなければならなかった。さらに、トランシーバーなどの細かい備品などに想像以上にお金がかかり、イベントのノウハウを持っていなかったkaku-butsuは赤字額が膨らむばかりだった。ソフトオンデマンドと言うと、ものすごくお金のかかる壮大なイベントを軽々とやってのけるイメージがあるかもしれないが、それは社会の常識では考えられないほどの巨額の資金力で、外部の業者に委託していたからできること。巨額の資金をかけてお客さんを喜ばせるのはソフトオンデマンドの古き良き伝統だが、バブルが崩壊して二十数年、平成の世でもアホみたいにお金を使っているのはソフトオンデマンドぐらいになってしまったし、それが喜ばれる時代でもなくなってしまった。昔なら「こんなバカなことにお金をかけるなんて、やっぱSODって最高だわ!」と思ってもらえたかもしれない。確かにこうやってファンを増やしてきた。しかし、今では「こんなバカなことにお金をかけるなんて、やっぱバカだわ!」で終わってしまい、面白いと思ってもらえない上に、好きになるどころか嫌いになられる始末だ。無駄にお金をかけるのではなく、効率的にお金をかけ、かつ面白いイベントにしなければ感動してもらえない。kaku-butsuではソフトオンデマンド本社と連携してイベントをするのではなく、kaku-butsuが独立してイベントを開催している。いずれ本社で開催するイベントにもkaku-butsuのノウハウを活かす日は来ると思うが、まずは自分たちでできるようになることが、この先につながると確信している。1回数万円のギャンブルになってしまう風俗業界において、プレイをする前からルックス、スタイル、性格や雰囲気を伝えられるイベントは重要だ。このイベントの成功を機に、さらなるビッグイベントを計画したい。(つづく)

 

▼kaku-butsuからのお知らせ▼

5月19日(金)20時から開幕する年に一度の大感謝祭「kaku-butsu GIRL’S COLLECTION 2017 ~50人の風俗嬢が魅せる伝説のチョメチョメ~」のチケットが販売開始となりました。プレミアム会員・ライト会員の皆様は2800円、一般会員の皆様は5800円でご入場いただけます。チケットのご購入はコチラ、ライト会員のご登録はコチラからお願いします。

Tweet about this on Twitter
タグ: