日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【競馬】アイビスSD「RED LIGHT TOKYO」ANNさん予想!

【競馬】アイビスSD「RED LIGHT TOKYO」ANNさん予想!

いよいよ本格的な夏のド真ん中だが、今週は新潟競馬場で直線の芝1000mで争われる「アイビスサマーダッシュ」が開催され、スピード自慢の馬たちが完全ガチンコ実力勝負に挑む。このレースを予想してくれたのは、今週のkaku-butsuツイキャスインタビューに出演してくれた「RED LIGHT TOKYO」の人気嬢・ANN(20)さんだ。残念ながら予想ボードで顔が隠れているが、そのルックスは女優の中村静香に似ていて、とにかくエロくてド変態。数年に一度の逸材と言えるハイレベルな美女であり、今日公開されたレポートで91点という非常に高い点数が出ている。そんな彼女の本命は、レッドラウダだ。完全にフィーリングで選んでいるのだが、先々週は同じく「RED LIGHT TOKYO」の看板嬢・MIKU(19)さんが14番人気の馬をフィーリングで選び、91万馬券の的中に貢献しているので、今回も女神たちの直感を信じたい。そんなレッドラウダは新潟1000mで結果を出し続けている馬。前走の韋駄天Sでも3着に好走しており、今回も12番枠を引いたことでチャンスが出てきた。展開的にも向きそうで、馬券圏内にカラむチャンスは十分にあると見る。適度な穴馬なので、馬券的な妙味はありそうだ。

さて、ここからはkaku-butsu競馬予想班の分析だ。まずは恒例となる半数の馬を消す作業から。今年は例年以上にレベルの高いメンバーが揃っているため、そもそも格上挑戦の馬が勝つ可能性は薄いと見て、キープレイヤーイオラニアースエンジェルプレイズエターナルダンシングワンダーブライトチェリーは消去。3歳のレヴァンテライオンは古馬オープンの戦いでは通用していないので消去。過去7歳馬が活躍したことのないレースで、今回は内枠に入ってしまったシンボリディスコは今季16勝の丹内騎手から今季3勝の伴騎手に乗り替わるのがマイナスで、相手強化もあって厳しいと見て消去。前走のCBC賞で大凡走しているラインスピリットも内枠に入って厳しいと見る。

本命は、最も有利な大外枠に入ったアクティブミノル。前走のCBC賞ではキッチリ3着を死守しており、何よりも外ラチ沿いを無駄なく走れるので、ある程度の先行力を持ち、強い競馬を見せられるのではないだろうか。対抗にはフィドゥーシア。1400mの京都牝馬Sでは18着と散々な結果に終わったが、直線1000mで結果を出し続けており、良血ビリーヴの血を引き継ぎ、今回も勝負になると見る。単穴にはレジーナフォルテを挙げることにする。前走で1000万条件を勝ったばかりということで、本来なら切られていてもおかしくない馬なのだが、3歳なので斤量が51キロと抜群に有利であることに加え、非常に有利な外枠に入ったことでチャンスが巡ってきた。多少の穴馬でも外枠を引けたかどうかで勝負が決まると言っても過言ではなく、ロスの多い競馬をすることになる内枠の馬よりもチャンスは多い。伏兵には1600万条件の7歳馬ということでデータ上は可能性が極めて薄いのだが、ラインミーティア。何と言っても15番枠を引いているので、直線1000mでは圧倒的に有利。キレるタイプで、前走の韋駄天Sでは4着に激走。直線勝負の外枠に入ったら、この馬にも可能性が出てくる。良馬場とはいえ、実力は明らかに上位と言えるネロを消すわけにはいかず、58キロで切る馬の筆頭候補だったが、やや荒れ加減の馬場を考えると、3着以内に来る可能性は残しておきたい。最後に内ラチ沿いを進む奇策も考えてナリタスターワンは面白い存在ではないかと思われ、一撃を狙ってみたい人は冒険しても面白いかもしれない。有力馬が外枠に集中していることから考えても、比較的順当に決まりそうな予感もしている。女神の特注馬・レッドラウダは来るのだろうか。配当的にもおいしいので、ぜひレッドを買って「RED LIGHT TOKYO」に遊びに行きたい。(※「RED LIGHT TOKYO」の調査レポートを読む

 

▼kaku-butsuからのお知らせ▼

8月22日(火)20時から「1000人インタビュー公開取材・夏のビキニスペシャル」が開催されます。夏らしく美女たちが熱気ムンムンのビキニ姿で登場するインタビューイベントで、ルックス、スタイル、性格、雰囲気、おっぱいのぷるぷる具合を自分の目で見て確認してから遊びに行けるので、絶対に失敗しません。夏らしさ満載、きわどさ限界、ぜひ遊びに来てください。イベントのお申込みはコチラから、ライト会員の登録はコチラからお願いします。