日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【競馬】関屋記念を「ひめゆり」の人気嬢・かりなさんが予想!

【競馬】関屋記念を「ひめゆり」の人気嬢・かりなさんが予想!

先週は「小倉記念」は完璧な的中となったが、「レパードS」は1着のローズキングダムこそ印をつけていたものの、2着の逃げ粘りを予想できずに万馬券を逃す結果になってしまった。またしても1勝1敗となり、どこまで皆様の風俗ライフに貢献できたか不明だが、今後もさらに精度を高めていく。さて、今週は新潟競馬場・芝1600mで争われる関屋記念が開催され、波乱含みの予感がしている。ぜひ的中させて夢の風俗三昧を過ごしたいということで、このレースを先日の「kaku-butsu納涼花火大会」に参加してくれた「ひめゆり」の人気嬢・かりな(25)さんが予想してくれた。彼女の本命はブラックムーンだ。前走の中京記念では上がり最速をマークして3着に食い込み、気合乗りも十分。過去の実績から推測しても上位に食い込むだけの実力を持っていると判断できる。Mデムーロがメートルダールを選ぶなど、不安材料は多いのだが、勝利の女神を信じて馬券を買いたい。

さて、ここからはkaku-butsu競馬予想班の分析だ。まずは恒例となっている半数の馬を消す作業から。まず過去の実績から能力的に勝負できないと思われるレッドレイブンロサギガンディアクラリティスカイトーセンデュークは消去。1600mでの実績のないショウナンバッハも消す。そして、ここからが腕の見せ所だ。まずは不利な最内枠に入り、爪の不安で10ヶ月の休養明けとなったダノンプラチナは朝日杯FSの勝ち馬で香港マイルにも挑戦した実力馬だが、調教不足に加え、過去にはヤングマンパワーロードクエストに敗れており、成長して強い姿を見せられるのかは微妙なので消去。今回、内枠から逃げるマルターズアポジーも消去する。小回りコースを得意とする逃げ馬で、ウインガニオンが早めから突っついてくることを考えると、この馬には展開が向かない。前半は自分のペースで行っても後半は厳しいと思われる。最後に休み明けの7歳馬ウキヨノカゼは、このタフな競馬場で牝馬限定でもなく勝てるほどの実力はないと見て消去。

本命は、クラシック戦線に乗りきれず、ここからキャリアを積み立てていくメートルダールとする。何と言っても一番大きいのはMデムーロが騎乗することだろう。実績上位のブラックムーンを捨てて乗りに行くぐらいなので、よほど自信があるはずだ。新潟で好走した実績もあり、気配は十分だ。対抗にはロードクエスト。NHKマイル2着の実績馬で、ここ最近は思うような結果が出ていないが、十分に巻き返しが考えられる実力馬。脚質的にもハマりそうだし、何よりこのレースは7枠・8枠が圧倒的に有利。このレースを制するだけの実力は持っている。単穴にはダノンリバティの巻き返しに期待したい。とにかく新潟向きの馬で、昨年の関屋記念でも2着に好走しており、今年の谷川岳Sではウインガニオンに敗れたものの2着を死守。今回はウインガニオンも楽な展開ではないので、十分に勝機が見える。伏兵には、昨年の勝ち馬であるヤングマンパワー。安田記念16着以来のレースとなるため、あまり人気がないのだが、なにしろ昨年は勝っているので、レースが向かないということはない。今年のマイラーズCでは3着に入っており、一昨年の関屋記念も3着に入っている。けっして実力がないわけではない。逃げ粘りの可能性という意味では夏馬のウインガニオンを切り捨てるわけにはいかない。中京記念の勝ち馬が関屋記念でも勝った例というのは過去10年では存在しないのだが、暑ければ暑いほどテンションの上がるウインガニオンの連勝を見てみたい。非常にレベルの高かったNHKマイルCを5着に好走したオールザゴーは、人気はないが斤量的な魅力も含め、けっして軽視できる存在ではない。なにしろ前回のクイーンSはアエロリットが逃げて楽勝。古馬を相手にしても十分通用する世代であることが判明したばかり。そこそこメンツの揃った関屋記念になったが、勝負になるのではないだろうか。エプソムC3着、福島TVオープン2着と徐々に上向いているマイネルハニーも有利な7枠に入ったので軽視はできない。これに女神の特注馬のブラックムーンを足せば、面白い馬券になりそうだ。(※「ひめゆり」の調査レポートを読む

 

▼kaku-butsuからのお知らせ▼

9月18日(祝)に、ハレ系の厳選美女7名とのプレミアムパーティーが開催されることになりました。高得点の「メイドin中野」をはじめ、思わず遊びに行きたくなる美女たちと、飲み放題の空間で直接触れ合い、ルックス、スタイル、性格や雰囲気などを確かめた上で遊びに行ける「絶対に失敗しない風俗遊び」が実現するイベントです。抽選になりますが、お早めにお申込みいただいた方が有利です。イベントの申し込みはコチラから、ライト会員の登録はコチラからお願いします。