新店一番乗り

新店一番乗り

いまや風俗業界で最も注目度の高いコンテンツになっている「新店一番乗り」。オープンしたばかりの新店に、どこよりも早く潜入し、どんなお店だったのかをレポートしていく。だいたいお店の看板嬢の女の子がやってくることが多く、女の子のレベルもよく分かる。今回は恵比寿発の高級エステ店「ZION」を紹介する。

福島や郡山など東北地方で絶大な人気を誇るデリヘルが、満を持して東京に進出することが決定し、そのレベルの高さを見せつけている。どこよりも早く新店に潜入して、どんなお店だったのかをレポートする「新店一番乗り」。今回はいつになく期待度の高い新店だ。

2017年最初の「新店一番乗り」は、ニューハーフLIBE新宿店だ。北は北海道から南は九州まで、全国に支店を持つニューハーフヘルスの最大手だが、東京には高田馬場店、上野店、池袋店があり、新宿店で4店舗目。今まで以上にニューハーフと遊びやすくなったと言っていいのではないだろうか。どこよりも早く潜入取材してきたので、さっそくレポートをお届けしたい。

新たにオープンした風俗店を体験取材し、そのサービスやキャストのレベルを皆様にお伝えする「新店一番乗り」のコーナー。今回、体験してきたのは、この冬に渋谷で誕生した「チェチェチェリー」という名のオナクラ店である。

今、都内の風俗業界で最も勢力を伸ばしているグループは「東京乙女組グループ」かもしれない。まるでJKのように見える「東京乙女組」に始まり、キレカワ系の女の子を集めた「ハナコ先生」や人妻を集めた「有閑フラウ」をオープン。その勢いは止まることなく、「東京乙女組池袋東口校」、「秒即DE舐めてミント」、「おぱんちゅリフレ少女隊☆乙女組チーム研究生」など、注目の新店を続々オープンさせている。そして、2月1日には五反田エリアに「アリス高等部ティーンズ学科」という新店がオープン。どこよりも早く潜入してきたので、その取材の模様をお届けしよう。

以前、この「新店一番乗り」のコーナーで、「グランエステ東京」をご紹介させていただいたが、今回ご紹介するのは「グランエステ東京」の姉妹店。もっとリーズナブルにエステを楽しみたいという皆さんのための「エステdeシンデレラ」という新店がオープンした。系列店の「グランエステ東京」との違いはオプションに【オールヌード3,000円】と【ダブルセラピスト】を付けることが出来るということで、さっそく誰よりも早く潜入してきた。

新しくオープンした風俗店に、どこよりも早く潜入し、どんなお店だったのかをお伝えする「新店一番乗り」。最近は、このレポートを見てから新店を冒険する人も増えているそうだ。この流れをもっと大きなものにしたいが、今日ご紹介するのは、新宿にオープンした「在籍する女性の約7割がAV女優」というハイブリッドオナクラだ。

新たにオープンした風俗店に、どこよりも早く駆けつけ、どんなお店だったのかをいち早くお伝えする「新店一番乗り」。風俗が大好きで、新しいお店を開拓することを趣味にしているコアなファンから熱烈な支持を得ているコーナーだが、今回は高級エステ店「グランエステ東京」をご紹介したい。

新しくオープンした風俗店に、どの風俗検索サイトよりも早く潜入し、そのレポートをお届けする「新店一番乗り」。風俗ユーザーはもちろん、風俗店の経営者にも注目されている人気企画だが、今回は渋谷に12月1日にオープンした「朝デリ・ワンチャンス」をご紹介しよう。

新しくオープンした風俗店に、どの風俗検索サイトよりも早く潜入取材して、どんなお店だったのかを紹介する「新店一番乗り」。今回ご紹介するのは新大久保エリアにオープンしたOL系イメクラ「働くOL」だ。一生懸命働くお姉さんの姿を見ると、「こんな女の子とエッチしたいな!」という気分になるが、まさにそれが現実になる夢のようなデリヘルなのだ。今回は特別にプレイの内容を動画で特別公開!

新しくオープンしたお店にどこよりも早く突撃取材を敢行し、どこよりも早く皆様にお届けするkaku-butsuの名物企画「新店一番乗り」。今回取材させて頂いたお店は、新宿を拠点とした都内全域に女の子を派遣するデリバリーヘルス、「SHADY MOTION」。こちらのお店、どこか似たような名前のお店を聞いた事があると感じた方。かなりの風俗通であろう。

新しくオープンしたお店をどこよりも早く潜入取材。その実態を皆様にご紹介する「新店一番乗り」。今回ご紹介するお店は、西川口に店舗をかまえる箱型オナクラ・手コキ店、「西川口○コキクリニック」だ。『白衣の看護婦さんがあなたのアソコを痴療します』という事で、店名通りのコンセプトが楽しめるお店。コンセプトがしっかりしているので、イメクラ的な要素も強く、ナースへのこだわりが強い方も安心して遊べそうである。しかし、どこかで見た事があるお店の名前なのだが・・・・?早速、お伝えしていこう。

新しくオープンした風俗店を、どの風俗検索サイトよりも早く訪れ、どんなお店だったのかをお伝えする「kaku-butsu」不動の人気企画、「新店一番乗り」。今回ご紹介するのは、東京乙女組グループがプロデュースしているエステ店「おぱんちゅリフレ少女隊☆乙女組チーム研究生」だ。東京乙女組の代名詞とも言えるロリカワ系美少女が大好きだという皆さんには、絶対的にオススメできる夢のようなエステ店だったので、さっそく詳細をお伝えしたい。

新しくオープンした風俗店に、どこよりも早く潜入取材し、どんなお店なのかをご紹介する「新店一番乗り」。今月は新店ラッシュを迎えており、連日、注目の新店情報をお届けしているが、今日ご紹介するのは渋谷の受付型エステ店「オーマイゴッド」。

どこよりも早くオープンしたばかりのお店に突撃取材をする、kaku-butsuの人気企画「新店一番乗り」。今回ご紹介するお店は、8月25日に秋葉原にグランドオープンしたデリバリーヘルス、「秋葉原 ラブマリアージュ」だ。秋葉原と言えば、萌え系やコスプレ系のお店を想像しがちだが、こちらのお店のコンセプトは「高級デリバリーヘルス+アロマ回春」というゴージャスな内容となっている。「ハイブリッドマッサージ」や「白いぽっちゃりさん」など、数々の有名店を構えるグループの新店という事で、期待を胸に挑んだ体験取材となった。

新たにオープンした風俗店をいち早く体験取材し、所属する女の子やサービスのレベルを探る当コーナーだが、今回体験してきたのは、2016年10月1日に新宿に誕生する「新宿泡洗体ハイブリッドエステ」という風俗店。店名からもお分かりの通り、近年その数を増やしている、性感エステとヘルスを融合させた新しいスタイルのお店であり、マッサージから性感プレイという従来の風俗エステで提供されていたサービスに加え、フェラや素股のようなヘルス系のサービスも提供するという、まさにエステとヘルスの良いとこ取りをしたようなプレイが楽しめる

オープンしたばかりの風俗店をいち早く体験取材し、そのキャストの容姿やサービスのレベルの実態を探る人気企画である「新店一番乗り」のコーナーだが、今回行ってきたのは、今年の7月に池袋エリアにできたばかりの「ゆでたまご」という、名前の由来が強烈に気になるデリヘル店。

新しくオープンした風俗店をどこよりも早く取材してお届けする、kaku-butsuの名物企画「新店一番乗り」。今回突撃したのは、池袋東口に8月1日にオープンした、東京乙女組グループ初のM性感。秒即DE舐めてMINT!秒即DE舐めてMINTは、東京乙女組グループが池袋に出した、グループ初のM性感。しかも一般的なM性感のような匠なお姉さまによるM性感ではなく、18歳~20代前半の若い女の子が小悪魔的に責めるプチM性感を謳っています。

新しくオープンした風俗店をどこよりも早く取材してお届けする、kaku-butsuの名物企画「新店一番乗り」。今回突撃したのは、千葉の西船橋エリアを拠点に7月1日にオープンしたばかりのデリバリーヘルス。その名も「マン婚」。「不倫関係推奨、性の婚活応援デリヘル」という目新しいキャッチフレーズを掲げ、20代前半から30代前半まで幅広い年齢層の女性が集まるお店だ。

新しくオープンした店に、どこよりも早く潜入し、どんなお店だったのかをご報告する「新店一番乗り」。今回、ご紹介するのは、西川口駅前に2016年7月8日にオープンした箱ヘル型のオナクラ「マーメイド~人魚姫~」だ。通勤に京浜東北線を使っている方々には特に必見のコスパ最強のオナクラを、風俗検索サイトで最も早い体験ルポとしてお届けする。

新たにオープンした風俗店をいち早く体験取材し、お店や女の子の実態を探る人気企画「新店一番乗り」。今回は、2016年7月1日にオープンしたばかりの「ユニバース学園」という渋谷発のデリヘルをご紹介。このユニバース学園、「ユニバース」と「学園」という2つのフレーズを聞いただけで気づいた方も多いかもしれないが、kaku-butsuのランキングでも常に上位に位置している人気店「ユニバース東京」が新たにオープンさせた学園系デリヘルであり、キャストの一部はユニバース東京からの移籍組なのである。ということで今回は、すでにレベルの高い店であることがほぼ確定しているような状態での取材となったのだった。

いまやkaku-butsuの看板企画となっている「新店一番乗り」。常に新しいお店を求めている風俗冒険家たちに、どの風俗検索サイトよりも早く潜入取材し、どんなお店だったのかを伝えるコーナーだ。今日ご紹介するのは、鶯谷、五反田、そして仙台にも店舗を構える秋コスグループの人気コンセプト店「白いぽっちゃりさん新宿店」。その名が示すとおり、いわゆる「ぽちゃ店」と言われる店だが、重量級の力士のような女がやって来るイメージがあるのだとしたら、イメージと現実は大きく異なる。ここまで店舗を拡大し、人気になっている背景には、ぽっちゃりしていても可愛い女の子がやってくることにある。しかも、風俗ツウに言わせれば、「ぽちゃに悪い子はいない」という名言もあるように、ぽっちゃりしていても可愛い女の子は性格も良いのだ。もし「柳原可奈子は守備範囲」とおっしゃるのなら、一度試してもいいかもしれない。

新たにオープンした風俗店をいち早く体験取材し、そのコンセプトやプレイの特色、在籍女性などの実態をご紹介する人気企画「新店一番乗り」。今回体験したのは、「おとなのわいせつ倶楽部蒲田店」。「おとなのわいせつ倶楽部」は、「新横浜」「立川」「本厚木」「町田」などで展開されている、即プレイとスケベプレイをウリにしたデリヘルグループであり、その蒲田店が6月1日にオープンとなった。

新たにオープンした風俗店をいち早く体験取材し、そのコンセプトやプレイの特色、在籍女性などの実態をご紹介する人気企画「新店一番乗り」。今回体験したのは、6月に大宮にオープン予定の「うっかり女子」というデリヘル店。今回の取材時には、オープンはおろかHPも開設されていない状態であり、ほとんど情報のない状態で大宮へと向かったのだが、ただひとつ取材前にわかっていたのは、公式Twitterのアイコンになっている店舗ロゴらしきものに店名とともに記されている「着衣×イチャイチャ専門店」という文言の通り、このお店が着衣状態の女性とイチャイチャできることを最大の売りとしている点である。

いまや風俗業界が大注目しているkaku-butsuの人気コンテンツ「新店一番乗り」。新しくオープンしたお店をどこよりも早くレポートしているとあって、新たな風俗店を次々と巡っている風俗冒険家のみならず、その勢力図をチェックしたい風俗店の人たちも欠かさず読んでいるのが、この「新店一番乗り」だ。そして、今回ご紹介するのは6月1日に錦糸町にオープンしたばかりの新店「錦糸町ピサージュ」。錦糸町で再び旋風を巻き起こすか!?

このところ、1週間に1店舗ペースでお届けしている「新店一番乗り」だが、まだまだ新店ラッシュは途絶えることがなく、今日も注目の新店をお届けする。今回ご紹介するのは、「DM回春」という新ジャンルを切り開くエステ店「ファイネスト」。まったく聞いたことがないかもしれないが、「DM=電マ」のこと。これまで女性に電マを当てる店はあったが、このお店は男性が電マを当てられ、アンアン言わされるという新ジャンルのエステ店なのだ。ラブホテルに設置されている電マを興味本位でチンチンに当てたことがある人もいるかもしれないが、電マを駆使して快感に導かれるという。「本当に気持ち良いのか?」という素朴な疑問も含め、どの風俗検索サイトより早く確かめに行ってきた。

新しくオープンしたお店に、どこよりも早く潜入し、どんなお店だったのかを紹介する「新店一番乗り」。風俗界の冒険王「kaku-butsu」が、風俗検索サイトの先陣を切って、渾身のレポートをお届けする。今回、ご紹介するのは、池袋にオープンしたホテヘル「ハイパーエロティックペロペロ娘」。一度聞いたら忘れられないインパクトのある名前のお店だが、まだオープンしたばかりということで、あまり在籍は多くないようだ。しかし、お店のインスタグラムには可愛い女の子の写真もアップされており、素人感のある可愛い女の子と遊べるとあって、注目のお店なのだ。

新たにオープンした風俗店をいち早く体験取材し、キャストやサービスの実態を探るSP企画「新店一番乗り」。今回取材したのは、池袋東口にオープンしたばかりの「池袋人妻風俗館」という人妻系ホテヘル。2016年の4月末にオープンしたばかりということで、この記事が公開される時点ではスタートから一ヵ月ほどが経っていることになるが、現時点でのキャストの在籍数は12名ほど。年齢層は20代後半から40代後半までと幅広く、HPに表記されているコンセプトの通り、美乳や巨乳、清楚や淫乱、スレンダー体型からグラマー体型まで、さまざまなタイプの人妻を揃えているようだ。

新たにオープンした風俗店を体験取材し、その特徴やコンセプト、所属キャストの傾向などを探るSP企画「新店一番乗り」。今回ご紹介するのは、2016年の3月末に赤坂・六本木エリアに誕生した「Lady Generation(レディジェネレーション)」というデリヘルだ。HPを確認すると、店名の前に「素人系デリヘル」というフレーズが付いているのだが、六本木・赤坂を拠点にしていることや、スッキリとした…

新しくできたお店にどこよりも早く潜入し、どんなお店だったのかを報告する「新店一番乗り」。風俗業界では早くも話題になっており、ユーザーのみならず、店舗関係者も熱心に読んでいる新コンテンツ。まだほとんどの人が知らないオープンしたばかりの風俗店に潜入し、風俗を愛する皆様にお届けしていく企画である。今回、ご紹介するのは錦糸町にオープンしたばかりの「エッチなホームルーム ~イケない学園活動~」。女子生徒だけでなく、女教師ともエッチができるので、その日の気分や性癖次第で遊び方いろいろ。オープンしたばかりなのに、レベルの高い女性が揃っていることから、かなり注目の新店だ。

新しくオープンしたお店をいち早くお届けする「新店一番乗り」。今回ご紹介するお店は、4月6日に錦糸町にオープンした『もしも優しいお姉さんが本気(マジ)になったら・・・・』。こちらのお店、『もし姉』の愛称で親しまれている横浜箱ヘルの新規店だ。また、お気づきの方も多くいらっしゃる事だと思われるが、kaku-butsuアライアンス店舗『もし妻』の姉妹店でもある。お姉さん系風俗と言えば、「お姉さんっぽい」というだけのお店も数多く存在する。コンセプトが曖昧かつ不明瞭なジャンル。女性を選ぶ時に的をしぼる事が比較的に困難だと思われている方も多い事だろう。しかし今回ご紹介する系列店、『もし姉 横浜店』は、20代後半から30代前半の年齢に絞って女性を採用しており、「エッチなお姉さんと・・・」という、誰もが一度は夢見たであろうシチュエーションを叶えてくれる、非常にノスタルジックでエキサイティングなプレイが楽しめるお店である。そんな優良店が新しく展開する新規店という事だけあって、期待せずにはいられない。「もし姉、気にはなっていたけど横浜まで行くのはちょっとなぁ・・・」といった都内のお姉さんファンの方達も少なくはないと予想されるわけで、風俗ユーザーの味方kaku-butsuが早速突撃してみた。

新しくオープンした風俗店に、どこより早く潜入し、どんなお店だったのかをご紹介する「新店一番乗り」。今日ご紹介するのは、4月9日(土)にオープンしたばかりで、女の子と添い寝を楽しみ、恋人気分でイチャイチャして膝枕などを楽しんだ後、最後は華麗にフィニッシュまで導いてくれる「添い寝女子・上野店」。現代社会を生きるお疲れ気味のビジネスマンに、愛と癒しをお届けしてくれるニュータイプの風俗店なのだ。神田、赤坂、秋葉原にお店はあるが、待望の4店舗目は「上野店」だった

新たにオープンした風俗店をいち早く体験取材し、その実態を確かめるSP企画。新店一番乗り。今回、取材させていただいたのは、風俗エステの聖地として知られる五反田の街にこの春誕生した、一風変わった店名が特徴的な風俗エステなのだが、その名も「おしおきエステ」。

毎日、全国のどこかでオープンしている新たな風俗店。この「新店一番乗り」は、そんな新しくオープンした風俗店に、どこよりも早く潜入し、どんなお店だったのかを紹介するkaku-butsuの名物企画。今回潜入してきたのは、4月1日にオープンしたばかりの吉祥寺発デリヘル「デリデレ」だ。まだグーグル先生に聞いても、なかなか教えてくれない穴場中の穴場で、風俗検索サイトとしては最も早くチェックしているはずだ。

新たにオープンした風俗店をいち早く取材し、その実態を皆様にお届けする新店いちばん乗り企画。今回ご紹介するのは、2016年の3月25日にオープンした『新宿スクールコレクション』というデリヘル。店名に「スクール」という単語が入っていることからもお判りの通り、学生服のコスプレに力を入れた学園系イメクラのようだ。

オープンしたばかりのお店をどのサイトよりも早くご紹介するコーナー「新店一番乗り」。今回ご紹介するお店は、錦糸町にオープンした『ドンピシャフルーちゅ』。18歳から20代前半の美少女達が揃う、素人系デリバリーヘルスである。錦糸町と言えば、ハイレベルな女の子が多く働くお店が多い地域の一つ。まさに風俗激戦区と言えよう。Kaku-butsuの都内デリヘルランキングベスト10にも、錦糸町エリアのお店は少なくない。そんな激戦区錦糸町で、「とことん清楚で可愛い女の子にこだわって発射準備完了」したというこちらのお店。長年数々の素人店で遊んできたが、本当の意味で「清楚系」の女の子はそんなに会えるわけではない。なぜなら、どれだけ女の子が努力したところで「清楚系」にはなれなず、持って生まれた素質が物を言うジャンルだからだ。それだけに、「清楚系」の女の子を集める難易度はお店にとっても計り知れない。激戦区錦糸町で「清楚で可愛い女の子」という、かなり条件の厳しい条件で営業を始める『ドンピシャフルーちゅ』。逆に言えば、それだけ自信があるお店だと言えよう。HPからも、自信の程が伺え期待値も高そうに感じる。という事で早速潜入してきた。

新たにオープンした店の情報が知りたい。そんな皆様の期待にお応えし、実際に行ってきた体験談をどこよりも早くお届けする、kaku-butsuの名物企画「新店一番乗り」。3月にオープンする店舗は少なめだが、開店当初からたくさんのお客さんで賑わっているとの情報のある「アロマリアージュ」に潜入してきた。

新しくオープンした風俗店を、どこよりも早く潜入取材し、どんなお店だったのかをご紹介する「新店一番乗り」。実は最近、風俗業界から大注目されるようになり、さまざまな新店から「うちを紹介してほしい」というオファーが殺到し、取材が追いつかないほど。しかし今回は、プレオープン時から話題になり、レベルの高い女の子が揃っていると評判の「上野人妻セレブリティ」に潜入することになった。2月2日にグランドオープンしたばかりの新店なのだが、果たして、他の系列店同様、レベルが高いのか。さっそく検証することになった。

新しくオープンしたお店の情報をいち早くkaku-butsuユーザー様にお届けしようというこの企画、「新店一番乗り」。今回ご紹介するのは、業界未経験の清楚系の女の子と会えるをコンセプトにオープンした、「素人Debut(デビュー)in恵比寿」。「恵比寿女子」という新たなジャンルを作り出そうとしている素人店である。風俗における素人店というジャンルは、最も数が多く最もファンが多いジャンル。正直、素人店ファンが求める本物の素人女子と出会えるお店はなかなか無い。素人というカテゴリーがあまりにも曖昧で、ユーザーの求める素人の条件も千差万別であるからだ。また、素人店で働く女の子のタイプが幅広く、俗に言われる「本物の素人」「偽物の素人」が混在しているお店がほとんど。特に、「業界未経験」という肩書につられて失敗された方は星の数ほどいるだろう。ただ一つ言える事は、素人店では、女の子とユーザーの数だけの恋愛模様が凝縮された時間を皆が過ごせなくてはならない。これだけは、素人ファンの誰もが求める第一条件だろう。素人店で遊ぶという事は、恋をするという事なのである。

新店がオープンしたと聞いた瞬間、誰よりも早く店を訪れ、その感想をお届けする「新店一番乗り」。今回訪れたのは、1月28日にオープンするM性感手コキオナクラ「エムプラス赤坂」。これまでM性感エステは存在したが、M性感オナクラはあまり見たことがなかった。しかし、そもそもオナクラの原点を振り返ると、ごくごく普通の素人の女の子にオナニーしているところを見せつけ、女の子から「オナニーを見せて、こんなにビンビンにしてるんだ、変態ね!」と言われ、さらに勃起するという変態紳士の社交場だった。そう考えれば、M性感に特化したオナクラができても不思議ではなく、実際、オナクラに足繁く通う人にはドMな人は多い。新橋のオナクラに通う某お笑い芸人の話を聞いても、ドSなお姉さまに言葉責めをされてフル勃起するのは、わりとスタンダードな楽しみ方だという。

「風俗エステ=外国人アカスリ」なんてイメージはいつの頃からか消滅し、今では「ハイブリッドエステ」なるジャンルも誕生。当たり前の様に市民権を得ている風俗エステ。デリヘルの様なヌキ中心のお店に比べて、レベルの高い女性が在籍するのが風俗エステと言われてるが、そんな事は風俗ファンならずとも事実として認識している事だろう。

かつてNK流などで一世を風靡した西川口風俗であるが、近年また活気が戻ってきている。新店が続々オープンし、個人店だけではなく、グループ店も多く、デリヘルだけではなく、箱ヘルの新店も多く見受けられる。近年、箱ヘルの新店オープンは難しくなっている中、このような動きは箱ヘルファンにとっても非常にうれしいことと言えるだろう。

新たにオープンした風俗店を、どの風俗検索サイトよりも 早く体験し、その様子を伝える新企画「新店一番乗り」。 今日は、12月9日にグランドオープンする「品川人妻花壇」をご紹介しよう!

今日もどこかで、新しい店は生まれている。 あるものは名店となり、またあるものは泡となって消えてゆく。 そこには一期一会の出会いがあり、確かな「時代の流れ」がある。