池袋 エステ 蜜系アロマ&回春エステエナジー

本日池袋エリアに出勤のレポートのある女の子 PICKUP20

池袋風俗の特徴

池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つ。池袋駅を中心に巨大な百貨店や専門店、飲食店、風俗店などが局在する。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人。池袋駅西口および東口駅前に繁華街が広がり、北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街がある。西口方面には東武百貨店、ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場、池袋西口公園等、東口方面には西武百貨店、池袋パルコ、サンシャインシティ、豊島区役所等がある。
池袋駅が8路線からなる巨大な鉄道ターミナルであるほか、池袋には周縁部を含め明治通り、グリーン大通り、春日通り、要町通り、劇場通り、川越街道などの道路が集まる。池袋駅から少し離れると立教大学(西池袋)、帝京平成大学(東池袋)、重要文化財に指定されているフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園などの緑や文化財も多く、池袋演芸場などの寄席や小劇場もある。池袋北口は歓楽街が広がり、多くの飲食店やキャバクラ、風俗店などが立ち並び、新宿歌舞伎町に似た雰囲気をかもし出している。また、中華物販大手の知音本店や池袋陽光城、華文書店、その他多くの中華料理店などを中心に中華系の店がおよそ200店舗点在しているため池袋チャイナタウンとも呼ばれるミニ中華街が形成されている。

池袋は都内屈指の風俗エリア。池袋北口・西口・東口にホテヘルをはじめとした風俗店が乱立している。デリヘル・ホテヘルともに風俗店の店舗数は最も多く、それゆえにルックス重視のお店から、ギャル専門店、変態M性感、ザーメンマニア店とどんなニーズにも応えられる店舗がラインナップ。ホテヘルならば、ファインモーション、しろうと娘、にゃんだ☆full、マダム池袋、エステならば、エナジー、池袋回春性感マッサージ倶楽部、オナクラならばジューシープラスと名店が並ぶ。普段とは違うプレイをしてみたいときには、SM店の無我、M性感の池袋痴女性感フェチ倶楽部などもある。

池袋地区といえば、現在の東京都北部の埼玉県との県境傍である豊島区のJR池袋駅周辺の地域にあたります。距離的にも南側に位置している新宿地区などにも近いといったせいもあり、歌舞伎町などの影響とかもあるせいもあってか、ここも古くから、多くの風俗事業者や風俗店舗等があるような感じです。そうしたここの池袋地区全体においての風俗事業者の特徴としては、やはり、歌舞伎町にある店舗のように、風俗店街としてのある一定の地域や地区などに集中して林立とかをしているような様子とは異なり、池袋駅北側周辺に、どちらかというと点在しているような状態といえます。