日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【競馬】きさらぎ賞を「渋谷アラマンダ」白石さくらさんが予想!

【競馬】きさらぎ賞を「渋谷アラマンダ」白石さくらさんが予想!

毎週、この競馬予想コーナーを楽しみにしてくれている読者は多い。先日、風俗通いがバレてお小遣い制にされてしまった男性が「JKスタイル」に行く日を夢見て、この予想をもとに馬券を買っているという話を聞いて、予想のペンに力が入った。今週は皐月賞や日本ダービーなどクラシック戦線に名乗りを上げるべく実績を積みたい若武者が揃う「きさらぎ賞」。圧倒的な1番人気はサトノアーサーだが、果たしてどうなるか。まずは皆さんに幸運をもたらすかもしれないラッキーガールの予想から。このレースを予想してくれるのは「渋谷アラマンダ」の白石さくら(19)さんだ。彼女の本命はズバリ、プラチナヴォイス。新馬戦と続く未勝利戦を4着に凡走したものの、3走目で京都1800mのレコードタイムを叩き出し、続く萩Sを連勝。前走の京都2歳Sでは6着に終わり、能力を測りづらい馬であることは確かだが、改めて真価を問われる一線で、レコードタイムをマークした3走前のレースができれば、優等生のサトノアーサーを負かせることさえあるだろう。

さて、ここからはkaku-butsu競馬予想班のレース分析だ。やはり順当に行けば、圧倒的な1番人気のサトノアーサーが本命になることは間違いないだろう。昨年末は大フィーバー状態だったセガサミーの里見治会長の所有馬であり、サトノダイヤモンドと同じ大御所の池江厩舎。さらにジョッキーは安定の川田とあって、勝利の方程式がすべて凝縮したような馬である。そして、サトノアーサーは血統がユニークで、セレクトセールでは1億9500万円という高額で落札された馬。その素質はクラシック3冠も夢ではないほどだ。サトノダイヤモンドもここを勝ってクラシック戦線を挑んだだけに、サトノアーサーにも勝ってほしい。

対抗馬として挙げるのはアメリカズカップ。前走の朝日杯FSでは3か月ぶりのレースということも影響してか、足を使いたい部分で使うことができなかった。今回はスタートが決まれば良い競馬ができるだろう。雨を苦にするタイプでは無いらしく、どのような馬場でも戦いができることから軸にしやすい一頭。その他に買っておきたいのは、スズカメジャー。デビュー1戦1勝のローテーションの馬が勝った実績は無いが、スピードのある馬。血統的に本来はマイル戦が理想かもしれないが、デビューは京都の2000mと距離短縮でさらに良くなることは間違いない。本命サイドが荒れる展開になると、上手く馬券内に入ってきそうな雰囲気のある一頭だ。8頭しか出ないのに、これ以上の馬を挙げてしまうと勝負にならないので、白石さくらさんが推しているプラチナヴォイスも含めて4頭で勝負したい。この記事に夢を託している風俗ファンのためにも、馬には頑張ってもらいたい。

 

▼kaku-butsuからのお知らせ▼

2月18日(土)は「グランエステ東京」の美女たちとボウリング大会を開催いたします。定員は16名となっており、ご応募が定員に達し次第、受付終了となります。清楚でレベルの高い美女たちとの夢のようなひと時となり、ハイタッチをしたり、ミニゲームに挑戦したり、美女との心の距離が縮まるイベントとなっております。すぐに定員に達してしまうと思いますので、なるべくお早めにお申込みください。イベントの参加はコチラから、ライト会員のご登録はコチラからお願いいたします。