日刊kaku-butsu

最新の風俗業界の動向、店舗や女の子情報etc…お得なニュースをタイムリー配信!

【余韻メシ】江戸時代の粋を現代でも楽しめる「岡田屋」の蕎麦!

【余韻メシ】江戸時代の粋を現代でも楽しめる「岡田屋」の蕎麦!

江戸時代の情緒を残す色町と言えば「吉原」が有名だが、実は「川崎」も江戸時代の情緒を感じることができる。川崎堀之内があるのは、旧東海道の宿場町。今では3時間半で結ばれている東京-大阪間だが、かつては何日もかけて歩き続けたものだ。江戸から下ると品川の次の宿場町が川崎で、出張で泊まった先のホテルでムラムラしてしまうのは江戸時代も同じこと。川崎には昔から遊郭がたくさん存在していた。そんな川崎で女性たちと遊び、その後に食べるものは、今も昔も蕎麦だ。「岡田屋」は東海道沿いにある老舗の蕎麦屋で、蕎麦のみならずラーメンも食べられるのだが、ラーメンのようなガッツリとしたものを食べるのではなく、粋に蕎麦を食べたい時には、ザッツ蕎麦という感じの蕎麦を楽しめる。一瞬でおなかの中に消えていく感じで、普段、重たいものを食べまくっている人にとっては「おやつ」みたいな感じかもしれないが、江戸の粋を現代でも楽しめる。夜遅くまで営業していないので、逆に、昼から夕方ごろに行くのがオススメ。年末は年末らしく、余韻に浸りながら年越し蕎麦を食べたいものだ。(※川崎周辺のソープ店を探す

 

▼kaku-butsuからのお知らせ▼

ついに「kaku-butsu関西版」がオープンしました。これからは大阪出張や大阪旅行の際に役立つ優良店や高得点の女の子の情報をお届けしてまいりますので、ぜひ関西エリアで風俗を利用する際の参考にしてみてください。毎日3レポートずつ公開されていき、関西エリアの美女たちの動画などもアップされます。どんどん充実していきますので、毎日見逃せません。今後とも「kaku-butsu関西版」をよろしくお願いします。


タグ: