【渋谷】人妻出逢い会 百合の園真織(まおり)【88点デリヘルレポート】(口コミ・体験談)

人妻出逢い会 百合の園:真織(まおり)【88点】

真織(まおり) (36)

B86(D) W58 H84T162

2018/03/05(月)

  • ルックス点

  • 接客姿勢点数

  • テクニック総合点

  • 女性のSM度 M度

本日出勤中10:30~12:30

次回出勤08/18(土)10:00~15:00

点数88

  • 2
  • --

「真を織りなす」彼女なら。不倫の完全シミュレート!?

【概 要】

今回の調査は渋谷エリアのデリヘル人妻出逢い会 百合の園」(2018年2月の調査時点において同エリアのデリヘルランキング第6位)最短コースを2時間(120分!)に設定する待ち合わせ型の人妻店です。

お相手いただいたのは「整った顔立ち」とのストレートな称賛を肩書とする真織」さん(36才)。かねてから「交際クラブ」を想起させる当店のコンセプト(注:当店はあくまでもデリヘルです)に興味があって、これにマッチする女性を抽出すべく情報収集にあたりました。精査の結果、彼女なら間違いないとの直感を得て、今回の指名を決定!

「真織」さんは「"大人の安らぎとエロ"を追求しています」と謳う「人妻出逢い会 百合の園」にピッタリの女性です。「人妻」という単語に内在するエロスと寛容が浮き彫りとなる「よろめきの逢瀬」を体感できました。


1. 女性について
<ルックス> ★★★★
有名人に例えるなら、女優・歌手の「今井美樹」さん「篠原涼子」さんが30代だった頃のようなお顔だちです。ただし「真織さん」には、お二方のようなアクの強いパーツ(例:口や鼻)が見あたらない分、より万人好みと言えます。プロフ年齢と実年齢の差を意識することはありませんでした。

<接客姿勢> ★★★★☆(4.4)
言葉遣いは非常に丁寧で、グッドマナーな女性です。鼻にかかった中域のハスキーボイスはタレントの「山口もえ」さんに近いやわらかな印象。加えて、利用者が何を求めているか理解し、ともにプレイを楽しむマインドをお持ちでした。5に近い4です)

<テクニック> ★★★★
約1年前に業界未経験で入店。以来、培ってきたヘルステクニックは高い完成度を誇ります。特に包皮小帯をチロチロとナメながら行うフェラと、グリップの柔らかな手コキのコンビネーションは秀逸でした。技巧そのものよりも「付帯するムード」との兼ね合いがステキです。

<スタイル> ★★★★
プロフ公表値はT162 B86 (D) W58 H84。ただし、バストはEカップ相当のボリューム(乳輪はやや大きめ)、ウェストとヒップはもうひと回り上のサイズ感(C3とC4の中間体型)とご理解ください。出産のご経験がおありとのことですが、体型の大崩れは見られません。VIOラインはほぼナチュラル。それ以外の部位はレーザー脱毛が施されておりスベスベです。

2. 店舗について
<コンセプト>
某大手風俗サイトのローテーションバナーに埋め込まれた「The best of “hitozuma” delivery health」をメインメッセージと想定します。キーラインは(1)"大人の安らぎとエロ"を追求しています(2)少しの演出によりかきたてられる欲望・・・(3)飾らず正直にひとの温かさを伝えていきたいの3項です。それぞれを具体的に示すならば(1)では利用者に人妻との「不倫」を意識させる仕掛けの用意(2)では女性にスカートとガーターの着用を義務づけることによるエロティシズムの演出(3)では2時間コースからのゆとりあるコース設定といったところ。「人妻との淡い逢瀬」の仮想的な実現が「人妻出逢い会 百合の園」の狙い。「交際クラブ」的な雰囲気を醸し出す、待ち合せ型の人妻系デリヘルです。なお、求人ページには「募集年齢 20代後半~50代の女性」とあることから、幅広い年齢の女性を求めていることが伺えました。とはいえ30代後半以上が大半のようで120名中78名を占めています。(同調査時点において)

<システム>
120分29,000円から。入会金は3,000円、指名料はネット指名、本指名ともに1,000円となります。kaku-butsuでは渋谷エリアに登録されているものの、交通費最廉価のエリアは恵比寿、五反田、目黒(1,000円)となっているため留意が必要。オプションの設定は無く、プロフページに掲載される「人妻とお遊びの際はこの表をチェック!!」によって女性ごとに対応可能なプレイが定義されている模様です。公式サイトの出勤表は2週間分の表示、しかもリアルタイム更新とあって非常に有用。予約については新規、会員を問わず上述の出勤表に出勤日が掲出された段階で可能となっています。ただし、ネット予約は会員(利用歴あり)のみが対象につき、新規の場合は電話予約に依存する必要があります。

<受付応対> 
ひざまずくような応対ではありません。しかしその品質は最上級です。必要な情報の提供という観点においてリッチ店と同等、あるいはそれ以上!不測の事態に関するリカバリーも完璧でした。

3. CP値について : 88
「真織さん」はハードルが高いキャッチフレーズ(
整った顔立ち)を裏切ることのない美貌の人妻。同性からの憧れを一身に集めていた頃の「今井美樹」さんからアクを抜いたようなお顔だちです。複数回の出産経験によって被るダメージを最低限に食い止め、それでいて経産婦である事実を漂わせるスタイルと相まって、人妻店に在籍する女性のビジュアルとして、高水準を維持しています。接客面においては少々の抜け漏れもありつつ、それを大きなマイナスと意識させない「真のホスピタリティ」を提供しうる資質も備えておられました。プレイ面ではなんといってもグッドマナーな常時とのギャップが魅力!お互いを求め合うかのような熱い抱擁で美しい人妻との不倫感覚をシミュレートできます。当店コンセプトを構成する要素の多くを充足。「人妻出逢い会 百合の園」の利用を検討される多くの方に自信を持ってオススメできる女性と判断しました。

今回はkaku-butsuの「特別なコース」(新規か会員かを問わず利用可能な90分コース)を適用したことにより90分総額26,000円でした。次回以降「真織」さんを本指名する場合は120分31,000円(本指名料1,000円+交通費1,000円を含む)を要します。前述したいくつかのポイントと「人妻出逢い会 百合の園」のコンセプトならびに当店を利用される方々の価値観に立脚して当該価格を潜考した結果、今回のCP値を88としました。

<<こんな方にオススメ!>>
・目鼻立ちの整った女性を好む方
・不倫のイメージに没入したい方
・はじめて人妻店を利用する方


<<こんな方にはオススメしません…>>
・風俗店では受け一辺倒の方
・女性のエロさにたじろいでしまう方
・計算しつくされた段取りを求める方


4. 調査データについて
<指名女性>
真織さん(36才)
※読み方は「まおり」さんです

<プレイ時間>
90分

<プレイ料金>
26,000円(kaku-butsuの「特別なコース」を適用)
※ホテル代別途

<時間帯>
日中

<備考>
喫煙無し、タトゥー無し、ボディーピアス無し



【詳 細】

1. 顔合せ(「真織」さんの印象)
出勤の頻度はそれなりであるものの、平日日中の時間確保が「真織」さんとの逢瀬を実現するための確実な条件。調査の数日前に予約の電話をかけました。新規利用の当方に対し、スタッフの方が理路整然とお店のシステムについてレクチャーしてくださったおかげもあって準備万端で臨みます。待ち合せ型のデリヘルであることを強調する「人妻出逢い会 百合の園」の醍醐味を存分に味わうため、もちろんこれを選択しました。

当日は約束通り、1時間前に電話連絡。ところがスタッフの方から「真織」さんは待ち合せNGの女性につき、ホテルへのデリバリーとなる旨の説明がありました。個人的には待ち合せにこだわりはなく、求人ページでも女性ごとに待ち合せNGエリアが設定できることが示されてはいるものの、待ち合せは当店の魅力を構成する重用な要素のハズ。情報の伝達は正確にお願いしたいところです。とはいえスタッフの方からのお詫びは丁重で、ミスを認める潔さがあったことにむしろ「人妻出逢い会 百合の園」に対する信頼を厚くしました。

期せずしてデリバリーとなったことにより、ひとりでホテルにチェックイン。入室の連絡を行うと「すぐに真織さんが伺います」との返答。身だしなみを整えながら到着を待ちました。5分ほど経過したところでお店からの着信があります。彼女が道に迷ってしまったため、来訪まであと数分かかってしまうとのことでした。20分、30分の遅れは「無店舗型業態の必然」と捉え(?)臆面のないお店が多い中「人妻出逢い会 百合の園」​はそのようなアプローチを是としていないようです。

このやり取りの後、ほどなくしてドアのノック。静かに開扉して「真織」さんと対面しました。ひと目見てその美しさに惹きつけられるほど。出で立ちはエレガントなデザインのキルティングコート(?)にビビッドな色合いのスカートを合わせており、公式サイトのトップページに掲載される「人妻は全員、スカート姿にガーター着用でお伺い致します!!」が脳裏をよぎります。公表値のDカップは何かの間違いと思わせるほどのフォルムでバストが主張しており、冷静さの維持に躍起となりました。

かような美貌を有する「真織」さんを前にして当方の予約名を名乗ると、まずは到着が遅れたことに関する謝罪を重ね「◯◯さま、真織と申します。ご指名ありがとうございます」とニッコリ。声質は思いのほか可愛らしく「様」ではなく「さま」という感じのニュアンス。気合を込めたアイスブレイクを実施する必要はなく、あっという間に打ち解ける・・・というより最初から打ち破るべき心因的な障壁が存在しないかのようでした。とはいえ、けじめのない「馴れ合い接客」というわけではありません。過去の経験の中でも稀有の感覚を抱きました。また、彼女はパーソナルスペースの使い方が巧みです。頃合いをみてさりげなく手や内腿に触れることにより、これから始まる情事を意識させてくれます。

自然な雰囲気の中で脱衣することになり、当方のジャケットを慎重にハンガーへ掛けてくださいました。室内中央に鎮座する大きなベッドを挟み、右サイドに立つ「真織」さんは衣類の一枚一枚をゆっくり脱ぎ去っていきます。そんな彼女に背を向け、同時並行で脱衣しながら何度も振り返って進捗を確認すると、大げさすぎない恥じらいを伝播させるところにオトナの女性としての分別が感じられました。

「真織」さんのランジェリーはスカートと同色。その鮮烈な魅力は期待を上回っており、ここでも冷静さの維持に苦心しました。もちろん、ガーターベルト着用。ショーツはTバックではなく、いわゆる紐パンの大胆な構造でした。フランスのランジェリーブランド「オーバドゥ」のコマーシャルディレクターを務めるオリヴィエ・ドゥ・クワゾン氏は「ガーターベルトは、女性としての自信を引き出してくれるもの」と語っています。「真織」さんの立ち姿を見れば、この見解に同意せざるを得ません・・・(余談ではありますが、この日のランジェリーもフランス製とのことでした)

ベッドサイドに腰掛け、背を向けたまま微動だにしない当方へ吸い寄せられるように密着。首筋や肩口に口唇を這わせ、そっと男性器に触れてくれました。香水のミドルノートか、はたまたシャンプーの残り香か判別できなかったものの、いずれにしても「真織」さんの芳香を嗅上皮が捉えたことが昂りに拍車をかけ、そのままベッドインする流れに・・・

「人妻出逢い会 百合の園」のコンセプトを意識して、あらかじめ薄暗く調光していたことも幸いし、プレイにふさわしいムードが醸成されます。ランジェリーをまとったままの「真織」さんを組み敷いて、その隙間から露出する肌をめがけ指先を滑らせました。性感帯として公表する首筋の反応は顕著。「面と点」の刺激を併用することでその効果が際立ち、早くも官能を示す艶やかな声を漏らします。自身でブラを外そうとする彼女を制して当方がホックをはじくと、Eカップ以上はあろうかというバストが躍り出るように露出。首筋と同様の(もしくはそれ以上の?)性感帯である乳首には触れず外周から乳輪まで愛撫すれば、我慢できないと言わんばかりの身じろぎとレベルオーバー寸前のあえぎ声を連発するようになりました。

ここでショーツを脱がせて女性器のコンディションを確認してみると、すでにビショ濡れ。このままプレイに突入する勢いを感じつつ「真織」さんのプロフに「即尺:✕」とあったことを思い出し、最初のシャワーに向かうことを提言しました。彼女も「あ、忘れてた・・・(笑)」と頭を掻いていたのですが、すんでのところでルール違反を侵さずに済んだことに安堵します。

2. プレイイメージ
<最初のシャワー>
シャワーの温度調整は慎重。冷え切ったバスルーム内の温度を気にかけながら、丁寧な洗体を施してくださいました。カラダの距離も近く、洗い残しに対する配慮も完璧です。シャワーを浴びる前の高揚が影響していたように思うのですが、少しよそよそしい雰囲気だったところにリアリティを感じました。バスルーム内での拭き取りアシストは「アシスト」というより完全に拭き取ろうとしてくれます。「真織」さんのカラダを冷やすことは本意でないため、ほどほどのところで作業を巻き取り、先に上がってベッド中央部で待機しました。

<ベッド>
さして時間を置かずにバスタオルを巻いた「真織」さんが室内へ戻ります。自然な雰囲気の中で再びベッドイン。彼女は右サイドに位置を取りました。特に申し合わせることなく、当方の攻めでスタート。プロフの[人妻自分診断]でも[Mっ気指数
4.5](満点は5)となっていることから妥当な選択と考えられます。シャワー前は差し控えたキスを試行すると、最初は当方の出方を伺うように呼応しつつ、それを上回る強度で返してくれ、さらにそれに対応すれば求め合うかのような様相に至ります。

先と同様に乳房の外周から円形を描くように指先を這わせ、乳輪まで到達するとまた外周から・・・というサイクルを何度かこなし「真織」さんの表情から焦らしの効果を把握した後は満を持して乳首に触れます。その感度もプロフ記載の情報通り。やさしく摘んだり、指根部で転がしたりを繰り返して口唇を添えつつ、ありったけのバリエーションを投下しました。並行して行ったフェザータッチへの反応も上々で、バンザイする両腕をさばいて手首を掴み、脇ナメを敢行すれば恥じらいを見せつつも快楽がそれを上回るよう。全く嫌がる素振りを見せません。ねちっこい愛撫を重ねたことで腰を軸として臀部を左右に揺する反応がみられ、それを指摘すると「もうガマンできない・・・」と恥ずかしそうに発した言葉を受けて、ギュッと抱き寄せた際の高揚に我ながら驚きました・・・

調査の遂行を円滑に行うためには客観性の担保が求められます。趣味的な没頭に浸ることを避けるため、最も敏感な部位を攻め込む前に距離をとってひと呼吸。このブランクが耐え難いとでも言うかのように「真織」さんは自身で女性器を押し広げ、指先で膣口や陰核を弄びました。煽情的な所作に戸惑いつつ、それを咎めながら中指一本を差し入れてGスポットを刺激します。続けて両手の親指で大陰唇を45度の方向に吊り上げ、陰核が露出するようロック。中ぶりのそれに舌先を集中投下すると、常時の彼女からは想像できないほどの乱れ方で攻め手の意欲を掻き立ててくれます。確実な手応えを感じつつ、左手のピンチアウトによるクンニと中指一本によるストロークのコンビネーションを展開すれば「あぁ、イッちゃう、イクッ!」との咆哮を上げて大絶頂を迎えました。

呼吸の荒さが気がかりだったため、休憩を挟むことを提案するも「大丈夫・・・」と気丈な「真織」さんは覆いかぶさるようにキス。主体的にみせたその濃度はこの日のベストといえるもので、当方の舌に吸い付き、外部へ引き出すようにむさぼります。首筋から胸部に舌先を這わせ乳首ナメを行う前には「乳首は感じる?」と確認がありました。好みの分かれるプレイであることへの配慮が伺えます。乳首ナメ自体の強弱はついているものの、強の加減がやや強すぎるようにも思えました。とはいえ、痛みを感じるほどではありません。それを終えると膝頭付近まで広範囲のリップ。唾液の分泌量もほどよく、滑らかに進行していきました。

いきり立った男性器を手に取ると、筒状に形どった右手(とてもソフトなグリップです)によるストロークと並行して行うフェラは包皮小帯や亀頭冠への刺激も繊細で完成度の高いもの。男性器の硬度を高めた後はベッドマットに両肘を置いてノーハンドのミドルスロートも実行されました。超絶技巧とまでは言えないものの、どなたにおいても満足を得られるレベルでスタミナも十分です。

フェラが長時間におよんだことに触れた当方に「大丈夫♪」と返答。とはいえ、ということでカラダに手を添え中断の意思を表明すると、流れるように騎乗位素股の体勢を取りました。初っ端は男性器を逆手で握り、捻るような動作を加えながら粘膜接触度の低い正統派のそれを展開。続けて前傾姿勢を取り、膣口に先端を擦りつけるようなポジションで顔先に左右の乳首を差し出しました。しゃぶりつきつつ、事故のリスクを意識して身構えたものの心配にはおよばず。難なくマンズリ型の素股に遷移しました。男性器を陰核に擦りつけ陶酔にひたり、自身でバストを鷲づかみする淫靡な「真織」さんの手を払って、当方が代わりにそれを行います。「気持ちいい、イッちゃう!」と幾度も繰り返す彼女を凝視するうち、先に限界を迎えて大放出!

後始末はもちろん、ご自身のことは後回しです。プレイ後の所感としては調査ではなくプライベートで指名したかった、ということに尽きます。

<最後のシャワー>
最初のシャワーとほぼ同様のシーケンスですが、ボディスポンジを手に取り「お背中、流しましょうか?」との申し出がありました。本来は湯船にお湯を張りたかったようで慌ててこれを行うも、シャワーの水流が弱くなり右往左往。マイナスにすべきところが見あたらず困っているため、恐縮ながら本件を対象とさせていただきます。ここでも拭き取りアシストの声がけがあったものの、効率を優先して辞退しました。

3. お別れ
少し時間に余裕があったため「真織」さんのお子さんに対する愛情や教育方針などを伺ったり、パートナーとの性生活(あるいは、そのあり方)について語り合ったりと、少し真面目な対話を重ねました。また、彼女は当店を「交際クラブ」だと勘違いして門を叩いたそうです。ちょっと詰めが甘いところも「真織」さんの可愛らしさであり、魅力のひとつであるように思います。

帰りの身支度を整えながら、再会の日を堅く誓います。「真織」さんはベッドの乱れを直し、また使用済みのバスタオルを畳んで一箇所に整頓。今回は先に部屋を出ていただくことにしました。彼女との逢瀬はこれでひと区切り。靴の向きの如何については言うまでもなく。

そういえば、別れ際にキスを求められることはありませんでした。これに物足りなさを感じる方がおられるかも?しかしながら、当方にはなんの不服もありません。濃密な90分を過ごしたことによる多幸感に包まれていたからです。

「人妻出逢い会 百合の園」における正規のコースは2時間から。今回の調査を通じて、その趣旨を十分に理解しました。互いに人となりを知り、カラダを重ね、余韻に浸る。当店が定義するコース時間の設定は明確なコンセプトアウトです。

4. 調査メモ
・待ち合せNGの女性も在籍?(もしくはNGエリアあり?)
・リアルタイム更新の出勤表は信頼できる情報ソース
・ネット予約の際は「予約特典応募フォーム」を活用されたし


《お読みいただいた皆さまへ》
拙いレポートを最後までお読みいただき、ありがとうございました。可能な限り客観性を重視してレポートを作成するよう努めておりますが、プレイ内容は女性との相性や体調によって左右されることから、その再現を保障するものではありません。ご意見や疑問に思われる点などがありましたらコメント欄へご記入ください。

店舗ページに戻る

この女の子は....

この女の子に会いたい....

店舗TEL:03-5422-6156

※お問い合わせの際は「kaku-butsu(カクブツ)を見た」とお伝え下さい。

このレポートを読んでいる人はこちらの女性をチェックしています。

私が調査しました!

私が調査しました!

性属性:おっぱい博士

この団員評価は...

支持
17
不支持 :
10

この団員評価は...

支持
17
不支持 :
10

この調査団員を支持しますか?

プレイ時間
90分
コース料金
26,000円
入会金
0円
指名料
--円
交通費
0円
割引
--円
ホテル代
4,200円

ユーザーコメント 0件

コメントを書く

動画

店舗情報
  • ミドル
  • ガチ妻
  • 人妻
  • 素人
店舗ホームページへ

  • エリア 渋谷・六本木・赤坂エリア
  • 最低価格 120分 / 29,000円~
  • 営業時間 08:00~00:00
  • 在籍数 120人
  • 平均出勤数 35人
  • 年齢層 30代