【品川・蒲田】贅沢なひと時蘭【87点デリヘルレポート】(口コミ・体験談)

画像

贅沢なひと時

店舗TEL:03-6278-9731

(20)

B87(E) W56 H85T155

2017/07/13(木)

  • ルックス点

  • 接客姿勢点数

  • テクニック総合点

  • 女性のSM度 S度

点数87

  • 8
  • --

品川発。「気配り小悪魔」の焦らしプレイで渾身の大放出!

【概 要】

今回の調査は品川エリアのデリヘル、「贅沢なひと時」(調査時点において、kaku-butsuのデリヘルランキング1位!)「高級店の矜持を持って!お客さまに『最上級の贅沢なひと時』をお届け致します」をコンセプトとするミドルリッチ店です。

お相手いただいたのは「アイドル系美少女!」と紹介されている「蘭さん」(20才)。お店の公式HPを閲覧していた際に、ひときわ力のこもった「蘭さん」のキャッチを見つけました。要約すると「ピチピチの美少女で美乳。人懐っこさと高いホスピタリティ、そして恋人感を兼ね備え、攻めればテクあり、受ければ高感度」といった内容。事実であれば類まれなオールラウンダーの逸材につき、真偽のほどを確かめたい一心でこの度の指名を決定しました。

実際に対面した「蘭さん」は美少女というよりむしろ、コケットリーで小悪魔系の美人という印象。プレイ面においては「蘭さんのスタイル」がしっかりと確立されており、安心して身を任せることができます。また接客の面においても、心地よいひと時を提供しようという配慮と気概をそこかしこに感じました。

「蘭さん」が演出するドキドキワクワクの60分は前述のキャッチもまんざらでない「贅沢なひと時クオリティ」。風俗店での遊びをギャンブルにしたくない方には、特にオススメできる女性です!

1. 女性について
<ルックス> ★★★★
有名人に例えると、AV女優の「里美ゆりあ」さんを彷彿させる色っぽい目元をお持ちで、輪郭は女優の「有村架純」さんを想わせます。プロフィール年齢との差は意識しませんでしたが、仮にあったとしても+3才の範囲と思われます。

<接客姿勢> ★★★★★(4.5)
気配り抜群の接客。脱衣アシストはまるで高級ソープのよう。拭き取りアシストは無いものの、後述する意図があってのことと思われます。時折、ドキッとするような淫語を口にしますが、下品にならずセクシーな雰囲気の醸成に一役買っていました。

<テクニック> ★★★★☆(4.4)
多彩なバリエーションで攻めるフェラや素股など、個々の技術もさることながら、言葉や目線を駆使することで男性の官能を高める術を身につけています。気になる点は「攻めの勢い」がやや強めということくらいでした。5に近い4です)

<スタイル> ★★★★☆(3.5)
プロフ上はT155 B87(E)W56 H85。健康的で中庸なスタンダードスタイルです。B87(E)のバストは数値ほどの大きさを感じませんが、十分なボリュームがあります。なお、アンダーヘアはパイパンです。

2. 店舗について
<コンセプト>
「高級店の矜持を持って!お客様に『最上級の贅沢なひと時』をお届け致します」をコンセプトとするミドルリッチ店。コンセプトのキーラインは1.「贅沢なひと時に在籍する女性」2.「運営スタッフ、ドライバーへの教育」3.「安心して楽しめるお店であることと」となっています。特に1について、美しい女性であることは当然のことであり、女性らしさに溢れたもてなしの心を持った優しい女性を採用していることを明文化しているところに「贅沢なひと時」の自信が伺えます。

<システム>
60分 20,000円より。在籍女性はレギュラークラス(+0)、シルバークラス(+3,000円)、ゴールドクラス(+5,000円)、女性ごとの特別料金が設定されるブラッククラスに所属します。入会金は無料、指名料は写真指名1,000円、本指名は2,000円ですが、本指名の場合は前述の所属クラスと同様に女性ごとに加算される場合があります。交通費は23区内無料。ただしプレイ時間による制約があります。例えば、足立区、葛飾区、江戸川区で利用する場合、交通費が無料になるのは120分以上のコースです。

※お得な情報※
新規に限り、電話予約時に「kaku-butsu見た」と伝えると、60分コースの場合で1,500円の割引。なお、2回目以降の利用については、出勤前日の営業時間内までに予約することで60分コースの場合、2,000円の割引が受けられます。(事前予約割)

<受付応対> 
丁寧な対応。店名の名乗りを欠かさないのはもちろんのこと、品格を保ちつつ朗らかな印象で、必要以上の堅苦しさはありません。一度だけ電話を取っていただけなかったのですが、速やかな折り返しがありました。

3. CP値について : 87
今回のCP値は87としました。
「蘭さん」はセクシー&クールな目元が魅力のコケットリーな女性。口元や輪郭の愛らしさによって顔上半分のシャープな雰囲気が緩和され、ほどよい親しみやすさも。また、高い女子力に依拠する美意識にも感心することしきりでした。1.明確なプレイ方針に基づく積極的なリード 2.男性側の嗜好に大きく依存しない範囲での小悪魔的な所作 3.ヘルスプレイにおける確かな技術の3点と、店舗コンセプトのキーラインである「女性らしさに溢れたもてなしの心を持った優しい女性」との合致度が高いことから、「贅沢なひと時」のご利用を検討されている多くの方にオススメできる女性と考えます。

<<こんな人にオススメ!>> 
・風俗店ではお相手の女性にリードしてもらいたい方
・適度な焦らしや淫語でエロティックに昂ぶりたい方
・濃厚なフェラや素股などのヘルスプレイを存分に堪能したい方


<<こんな人にはオススメしません…>> 
・プロの女性っぽい接客スタイルを苦手とする方
・スレンダーで長身の女性がお好みの方
・風俗店では攻め中心で楽しみたい!という方


4. 調査データについて
<指名女性>
蘭さん(20才)

<プレイ時間>
60分

<プレイ料金>
22,000円(23,000円(シルバークラス)+写真指名料1,000円−事前予約割2,000円)※ホテル代別途

<時間帯>
夜間

<備考>
喫煙無し、タトゥー無し、ボディーピアス無し


【詳 細】

1. 出会い(「蘭さん」の印象)
「はじめまして。お邪魔します」と、約束の時間ちょうどに到着した「蘭さん」は高級店に在籍する女性らしい落ち着いたたたずまいです。プロフ写真で確認できる腰まで届くロングヘアーはエクステで、実際はショートレイヤー。(髪を伸ばしている途中とのこと)目元から鼻までがAV女優の「里美ゆりあ」さん、口元は「さとう遥希」さん、そして輪郭は女優の「有村架純さん」を想わせます。スタイル抜群とまでは言えませんが、ドレッシーでタイトなワンピースの内からにじみ出るフェロモンが室内に充満していることを感じました。

「蘭さん」はソファーでくつろぐ私の近くに腰をおろし入室した旨をお店に連絡すると、斜め45度のエレガントな姿勢から、そっと手を取って自身の太ももに乗せてくれます。「今日はいっぱいドキドキさせちゃおう!」と言うやいなや、自主的に調光してムーディーな雰囲気を作り、洗面所に出向いて何やら準備を始めました。「蘭さん」は距離があるところからでも常に当方に意識を向けるように顔を出し、話しかけてくれます。その口調はテンポよく、それでいてズケズケしたところがありません。ちなみに「蘭さん」は私を呼ぶ時、「お兄さん」という二人称を積極的に使うのですが、どことなく「向島の半玉」のようです。

準備を終えて再びソファーに戻った「蘭さん」は「今日は何回抜きたいですか?・・・」と問いかけ、ドギマギする私の首筋に口づけを。「ハタチの女の子」とは思えない艶かしさに、抑えきれない昂りを抱きました。

2. プレイイメージ
<最初のシャワー>
「脱いで・・・」との声がけから、フルアシストで脱衣させてくれます。特に靴下を脱がす際は自身の太ももに足を置くよう促すなど、高級ソープのように至れりつくせりです。軽めのキスも織り交ぜつつ当方の脱衣が完了すると、「蘭のことも脱がせて?」という申し出も。ワンピースの背中にあるファスナーを最後まで下げると上品な色合いのランジェリー(Tバック)が確認でき、ブラのホックを外す途中、背中に指先をかすらせるだけで明確な反応が得られました。(背中は「蘭さん」の性感帯とのことですので、指名を検討されている方はご参考ください)正面に向いて露わになったEカップのバストを凝視していたところ「じっくり見てね」とかわいらしくも挑発的な一言。「蘭さん」の小悪魔性を如実に表しているかのようでした。プレイ前だというのに「蘭さん」が醸し出すエロティックな雰囲気によって、不覚にも男性器が膨張してしまったことを見逃さず「責任取りますね」との自信に満ちたコメントとともにシャワールームに誘われます。

「蘭さん」のシャワーは、洗体本来の目的をしっかり果たしつつ、リラクゼーション的な要素もあり、はたまたプレイの一環のようでもあります。無香料のボディーソープを選ぶべきか確認してくれた後は「癒やしてあげるね?」との一言を添え、全身を愛撫するかのように洗い流していきます。途中でしっかりとした手の平のマッサージも。乳首は感じるかとの質問に対し否定しないでいると、泡を落とす過程で左右ともに丹念にナメ上げてくれました。お返しとばかりにボディーソープの残った「蘭さん」の乳首を指先で転がせば、小ぶりなそれはみるみる間に隆起して感度の高さを示します。引き続き硬いままの男性器を放置することもなく「おしりでスリスリしてみて」と立ちバック素股のお誘いがあったことも特記すべきことです。続いて正面に向き直し、男性器をしっかり洗い流したところで、膝立ちとなった「蘭さん」は丹念なフェラを行ってくれました。言われるがままに後ろを向くと、右手の上腕部までをも活用して臀部を洗いながら、手先は男性器に適宜触れてこね回します。さらに仕上げとして肩のマッサージも。有言実行の癒やしに満ちた素晴らしいシャワータイムでした。

先に上がって自身で身体を拭っていると、時間をおかず「蘭さん」もバスルームから出てきました。私を洗面所に呼び寄せ、冒頭で準備していたであろう歯ブラシが手渡されます。カラダを寄せ合いながら楽しく歯磨きを進め、ほどよいタイミングで薄めに作ったイソジン入りのコップが提供されました。このあたりの捉え方は様々かもしれませんが、「蘭さん」の高い衛生観念と甲斐甲斐しさに好感を持ちました。拭き取りサポートを行わないのは、この時間を確保するためかもしれません。


<ベッド>
歯磨きとうがいを終えると少しだけ待つよう指示があったため、はやる気持ちを抑えてベッドサイドに腰掛けました。ほどなくしてバスタオル姿の「蘭さん」が現れ、人魚のように横座りをします。こうした身のこなしひとつとっても、高い美意識が感じられました。バスタオルをはらりと解くと、舌を絡めながらもハードになりすぎないキスで幕開け。「寝そべって」と促され「蘭さん」の攻めがスタートします。乳首ナメは左右均等で丁寧。くすぐったさや痛みがないかといった点についても気にかけてくれます。全身リップはほどほどにフェラに移行するのですが、これが秀逸でした!ナメの技術そのものが突出しているわけではないものの、その角度や手の使い方、はたまた目線や表情の作り方によって「フェラという行為の淫靡さ」を強調するかのようで主に視覚の面で強烈な刺激を与えてくれます。もちろん聴覚の面においても、「あれ?ガマン汁がいっぱい出てきたよ・・・」と積極的に卑猥な言葉を口にするなど、工夫がこらされています。ただ、フェラを行う際のバキューム音はやや過剰な感がありますので、より自然さを意識された方がよいかもしれません。

たっぷりナメてもらった後、「素股しようかな。それとも交代します?」との提案あり。私は後者を選択し、攻守交代となります。ディープキスから乳房を包み込むように撫で上げると早くもビクッとするようなカラダの反応が得られます。バストサイズに比すと小ぶりな乳首の舌触りを楽しみ、その硬度が増したことを確認して全身に指先を這わせれば「やらしい触り方・・・」と盛り立ててくれました。ここで女性器に目を向けると、肉厚の大陰唇に覆われたそれは実に清潔で全くの無臭。せっかくのパイパンなのに、短いヘアが点在しているのは少し残念です。(脱毛の途中なのかもしれません)ワレメに指を沿わせて潤いを確かめ、膣内に差し入れようとすると「ローションつける?」との申し入れ。素直に従い、たっぷりと指先になじませた上で足を押し広げると「蘭さん」自身でその動作をフォローしながら「丸見え?」と淫らな表情で問いかけます。まずは潤滑度を増した指一本を差し入れ、Gスポット付近にあてがいながらオンオフの動作を繰り返します。「クリ、大っきくなってきた?」という「蘭さん」の質問を受け流して中と外ではどちらが感じるか確認すると、どっちもとの回答。膣内に指先を残したまま、クリを狙い撃ちするようなクンニを追加します。「クリ好き・・・」という「蘭さん」のかすかな声を聞き、舌先のペースを上げれば、膣内の強烈な締め付けが始まって「あぁー、イクイク!イクッ」の声とともに果ててしまいました。

少しだけ休んで再び「蘭さん」の攻め。「イッちゃったオマ◯コで素股しよう?」との淫靡なお誘いがあります。射精感の高まっていることを伝えたところ「まだダメよ。蘭がいいって言うまで!」とのお咎め。素股から乳首ナメ手コキに素早く体制を変えた「蘭さん」の淫語と焦らしのラッシュに思わず身をよじってしまいました。しかしながら、ここでの手コキはややハードに感じたため、力を抜いてみるのもよいかもしれません。ほどなくすると「どうやって出したいですか?」と穏やかな口調でフィニッシュの許可が降りたため、騎乗位素股をリクエスト。腰を下ろす勢いがつき過ぎているきらいがあるものの「蘭さん」の素股テクニックは最初はノーハンドでしっかりと性器同士をこすりつけ、途中からローションをまぶした右手を追加して大きくグラインドするという本格的なもの。これまで焦らしに焦らされたことも影響し、Eカップバストを揉みしだくとすぐ最高潮に達して大放出!「蘭さんの世界観」にしてやられました・・・

後始末はもちろん、私を優先してくれます。少し時間に余裕があったため、ベッドでの会話を楽しみました。プレイ後にも関わらずしっかりと密着し、私の身体に口づけてくれます。全編を通じて大胆だった「蘭さん」にその印象を伝えると「ホントは恥ずかしがり屋なんです。でも、恥ずかしがり屋だから楽しめるんじゃないかな?恥ずかしくない人は何をしてもドキドキしないと思うから・・・」と含蓄あるコメント。感心すると同時に自身の浅薄さを恥じ入りました。

<最後のシャワー>
最初のシャワーとはうって変わり、身体に付着したローションをテキパキと洗い流してくれる機能的なものです。お湯の温度も最初から適切で、濃厚だったプレイの興奮をクールダウンさせてくれました。なお、洗面所にはイソジン入りのコップとハンドタオルが用意してあり、もしよかったらと勧めてくれました。

3. お別れ
残り時間がわずかとなってもせわしい素振りを見せること無く、使用済みのバスタオルをたたむなど、女性らしい気遣いをみせてくださいました。それらがひと段落すると、名残惜しさを表す言葉を添えたキスも。今回は先に部屋を出ていただくことにしたのですが、脱ぎ散らかしていた私の靴をキレイに揃えてくれた後、しゃがんだ姿勢のままワンピースの裾をまくりパンティーを見せるというオチャメなサービスまで。つい吹き出してしまった私を真剣な表情で呼び寄せてハグし、「何度もうっとうしい?・・・」と囁きます。最後まで「蘭さん」の小悪魔性に魅了されました。

「贅沢なひと時」の「蘭さん」はお店のコンセプトやキーラインをきちんと解釈し、ご自身のプレイスタイルを確立した職業意識の高い女性でした。「蘭さん」が意図するロングヘアのスタイリングが完成する頃の再会はどうだろうか?と思案しつつ、週末の人波をかき分け地下鉄に乗り込みました。

4. 調査メモ
・Web予約も可能だが、どちらかと言えば電話予約が望ましい様子
・割引プランはシンプルで理解しやすく、公平性を意識されている模様
・口内発射は基本サービスに含まれないため留意すべき(オプション1,000円)

《お読みいただいた皆さまへ》
拙いレポートを最後までお読みいただき、ありがとうございました。
可能な限り客観的な記載を心がけ、皆さまの風俗ライフの一助となり得るようなレポートを作成したいと考えております。ご意見や疑問に思われる点などがありましたらコメント欄へご記入ください。

店舗ページに戻る

この女の子は....

この女の子に会いたい....

店舗TEL:03-6278-9731

※お問い合わせの際は「kaku-butsu(カクブツ)を見た」とお伝え下さい。

このレポートを読んでいる人はこちらの女性をチェックしています。

この子たちみんなタダかも

私が調査しました!

私が調査しました!

性属性:おっぱい博士/おしり博士/ローション命

BF属性

団員評価傾向

  • 辛
  • 中
  • 甘

この団員評価は...

支持
7
不支持 :
3

この団員評価は...

支持
7
不支持 :
3

この調査団員を支持しますか?

プレイ時間
60分
コース料金
23,000円
入会金
--円
指名料
1,000円
交通費
--円
割引
2,000円
ホテル代
3,000円

ユーザーコメント 0件

コメントを書く

動画

店舗情報
  • ミドルリッチ
  • AV
  • お姉さん
  • 女子大生
店舗ホームページへ

  • エリア  五反田エリア
  • 最低価格  60分 / 21,500円~
  • 営業時間  14:00~05:00
  • 在籍数  60人
  • 平均出勤数  10人
  • 年齢層  20代前半