【池袋】デリヘル恋愛白書ともか【55点デリヘルレポート】(口コミ・体験談)

デリヘル恋愛白書

店舗TEL:03-3988-9888

ともか (23)

B90(E) W59 H87T155

2014/05/07(水)

  • ルックス点

  • 接客姿勢点数

  • テクニック総合点

  • 女性のSM度 S度

点数55

  • 0
  • --

“半年に一人の逸材”に事件発生。

 

【総評】

いざシャワー…とパンツを下ろした瞬間、生理が来ていた…!!
そんなピンチの対応、そこに見えたのは…残念な結果。


■はじめに…店員さんの熱烈なススメ

前回調査(新宿初登校・のあさん)は数か月ぶりと久々の調査だったが、今回はそこから数日後の調査である。
今回の「池袋 デリヘル恋愛白書」は、Webサイトを見る限り、明確なコンセプトはなさそう。幅広い女性を揃えている印象だろうか。

予約当日、出勤となっている方たちの中で、ボカシなしの顔を出しているのが2人。うち1人はキレイとカワイイの狭間のような顔立ちで、自分としては大いにアリ、なのであるが、一つ残念だったのが、胸がやや小ぶりなこと。

直近の「新宿初登校・のあさん」が、体型的には良くも悪くもごく普通だったこともあり、今回は巨乳で…と思いながら電話を入れる。ちなみに私の場合、巨乳が良いか貧乳が良いかは、その日の気分次第である。

出た店員さんに、「○○さんは写真を見た限りステキなのですが、できれば近い感じでもう少し胸の大きい子がいいのですが…」と伝えると、一人の子を熱烈に薦められる。

曰く、「入ってから3ヵ月ほどだが、在籍が50~60人いる中で、リピートされるお客さんの数はトップ3に入る」「胸はふわふわの“スライム乳」「見た目は至って黒髪清楚系で特別かわいらしいわけではなく普通で、自分たちスタッフと接しているときはおっとり系でおとなしい感じだが、入ったお客さんによれば“とにかくエロい!”とのこと」などなど。極めつきは「百年に…とは言いませんが、“半年に一人の逸材”ですよ!」という。

…ここで余談にそれるが「あのー店員さん…ひょっとしてプロレスお好きですか?」「はい、大好きです!」「いや、“百年に一人の逸材”という言葉に…」「そうです、棚橋(弘至選手/新日本プロレスのエースで“百年に一人の逸材”の異名を持つ)です!」

そんなどうでもいい会話を交わしたことで軽く意気投合したのもあってかなくてか、ここはススメに乗っておこう…というつもりで指名したのが、ともかさんであった。


■対面すると…たしかに普通。

プレイ場所に指定した自宅で待つこと1時間ほど。まずは初めての利用ということで、男性ドライバーさんによる部屋の内見がある。内見といっても、“ほかに人がいないか”“部屋に一定程度の清潔さがあるか(ゴミ屋敷になっていないか)”といった程度で済んだ。これは自分としては初めての経験だが、働いている女性の安全を守ろうという意識を感じ好感は持てる。
一度ドライバーさんが部屋を出て、数分後に再度呼び鈴が鳴り、ともかさんの登場。

見た目は確かに…普通である。黒髪ショートだが、清楚系とはちょっと違う感じ。ぱっと頭に浮かんだのは「ちびまる子ちゃん」の野口さんだが、あんなに残念なわけではもちろんなく、それをだいぶ美化した感じだろうか。サブカル女子風というとまた少し違うのだが、自分の世界は持っていそうなタイプだろうか。

支払いなどのやりとりをするが「はい、これ…」といった感じで言葉は少なめ。無口な子なのかな…?と思っていた矢先、私の仕事の話(映像制作)になると急に質問が多くなった。聞けば、自主制作の映画作りなどしたことがあるそうで、映像関係には興味があるとのこと。

そんな話をしながら、彼女は淡々と服を脱いでいく


■そして事件発生…!

彼女がおもむろにパンツを下ろしたその時。

「あ、生理になっちゃった…」

目をやると、そこには真っ赤に染まったナプキンが。ティッシュで股間を拭うとそちらも真っ赤。

この結果、69や素股はできないし、プレイは制約されることが確定。

「ごめんねー…」「まぁ…しょうがないよね」と言いながら、とりあえずシャワーを浴びることに。

 

後から店に確認した話では、その時点で「これでは十分なプレイができない」と訴え出れば、キャンセル(返金)は可能だったとのこと。ただし「女の子が脱ぐことも料金には含まれている。脱いだ時点で、全額の返金はできない」とのことだった。もちろん、予め生理だとわかっていれば出勤させないか、出勤していてもその旨客には伝えておくとのこと。

実際のところ、この際ともかさんの側から「やめる?どうする?」といった提案はなく、またこうした場合の対処について特にお店の側からの指導はしていないとのこと。

私自身、こうしたケースに遭遇したのは、風俗店を利用するようになって10年ほどの中で初めてだし、レアケースなのは確かだとは思うが…

その後のプレイ内容の状況としては「予めその相手が生理だと知っており、それを承服した上で遊ぶ」という場合と何ら変わらない。今回、その場でストップしなかった限りはお店側の言うように「納得した上で遊んだ」という点でも同じなのかもしれないが、「ストップする」という選択肢は浮かばなかった、与えてもらえなかったのもまた事実。

以前、あるお店で個人的に遊んだ際に、あまりのやる気のなさに途中で店へクレームの電話を入れ、帰らせたことが一度だけあるが、せっかく来てくれた相手に対して“途中でやめさせる”というのは心理的にもそれなりの負荷がかかる。“やめる”という選択肢があるならば提示してほしかったというのは、正直な気持ちでもある。

 

さて、気を取り直してシャワーへ。

普段、自宅で遊ぶ際には浴槽に湯をためて、一緒に入るようにしている。

お湯に浸かり一休みしながら色々と話していると気持ち的にもほぐれるのでは、といった意味でそうしているのだが、今日ばかりは血の池地獄になりかねないので断念。トイレと一緒の浴室なので、貯めていたお湯を泣く泣く流し、さくさくとシャワーを浴びる。

店員さんのススメにもあった通り、確かに胸はふわふわで大きなスライム乳である。ただ、周縁部分に妊娠線のような亀裂が見てとれたので聞いてみたところ、5年ほど前は15kgぐらい太っていたとのこと。

現状は全く太っているという印象はないのだが、スライム乳の柔らかさが転じてやや重力に負けているというのと相まって、その亀裂が若干気にはなってしまった。


■ピンチをチャンスに…できるのか!?

シャワーから上がり、改めて股間を拭ってみるも、やはりティッシュは真っ赤に。

プライベートなら多少血が出ても“ええい、ままよ!”と構わず侵攻することはあるのだが、そういった雰囲気でもない。

 

とりあえずベッドが汚れないようにと、そそくさとタオルを敷くともかさん。

店員さんの言う“とにかくエロい!”を体感すべく、こちらが横になって、プレイを始める。

まずは全身リップから。

胸、乳首、脇腹などくまなく舐めていく。舌の動かし方は細かくて素早く、これは確かにエロい

だけどキスもしたいんだよな…と思い、股間に移行しようとしたその時に「キスして!」とリクエスト。

お互いの唇を唇で挟み合うようなキス。濃厚ではないが、彼女の肉厚な唇を味わうことができ、これはこれでエロい。舌は少しだけ絡み合う感じ。ここからもっと深く絡めてくるのかな…という期待を抱きながらしばらく続けていると…あれ、おしまい?

ディープキスと呼ぶには少々浅い感は否めなかった。

このあたりから、どことなく“とにかくエロい!”への疑問を感じる

 

次いでフェラへ。

咥え込む前に、小刻みに舌を動かしながら、側面や裏筋を攻めてくる。このあたりは視覚的にもエロいし、焦らされる感じも良い。

咥えてからは、頭を左右に振りながら、激しい上下運動。

確かにエロいし、気持ちよくないわけでは全くないのだが…今ひとつ盛り上がる感じがない。

途中、乳首舐め手コキも挟みつつ、“まだ時間もあるからもう1回行けるだろう”という読みも踏まえて、フェラでひとまず果てる。

 

精子をティッシュにはき出しながら「すぐに2回目とかいける人?」と聞かれたので、「すぐには無理かな…ちょっと休憩必要かも」と素直に答える。

出血が気になるからか、お尻をベッドにつけず横向きの体勢での添い寝。少し話しながら、そろそろ回復してきたかな…というところでおもむろに胸に手をかけ、いじり始める

それに応えてもらうのを期待してではあるのだが…すると、おもむろに彼女は起き上がってしまう

あれ…?と思いながら、今度は座っているところに後ろから、乳首をいじりに行く…と、少しして、立ち上がってしまう。

 

結果、2回戦はナシ。

 

生理ゆえに自由に動けないなど、モチベーションが低下した部分はあったのかもしれない。だが、“ピンチはチャンス”という言葉もある。

業界問わず「クレーム対応こそ真価が問われる」と言われることもある。

生理という現象自体は女性にとって不可避の、やむを得ないことではあるが、同時にこうした性風俗店においては、十分なサービスが提供できなくなる、客にとってはマイナス要因となるのも事実だ。

実際、彼女は度々「ごめんね、ごめんね」とは言っていたが、そんな時こそ、できる範囲の中でどのように“ごめんね”という気持ちを見せてリカバリーするか、それによって評価は高くも低くもなる。

ただ、今回に関しては、“マイナスをリカバリーしよう”という気持ちや心意気は、残念ながら感じることができなかった。

 

■好きな人は好き?歯に衣着せぬ物言い

気持ちを感じることができなかった、もう一つの要因になっているのは、プレイの合間に表れた、彼女の歯に衣着せぬ物言いだ。

部屋に貼ってあったポスターに出ている女の子たちを評して「ブスばっかじゃん!」とか、こちらが面白かったと話しているドキュメンタリー作品について「つまんなそう」「そんなのヤラセだよヤラセ!」といった発言。

悪口じみたことを言えるのは親しみの証とも言えるし、それだけ心を開いてくれているからともとれなくはないのだが、こうした発言が吉と出るか凶と出るかは相手や状況などによって左右される

1回戦が終わった時点で、とても楽しくプレイが出来ていたり、相手の心意気を感じられている状況ならば、そうした発言もポジティブなコミュニケーション手段として受け入れられたかもしれないが、残念ながらそうでなかった以上、今回については単純にこちらが気分を害するだけになってしまった

こうした物言いについては、状況や好みにもよると思うので、一概に否定できるものではないが、今回としてはネガティブに映ってしまった。それ故に、「こちらの気持ちを慮ってくれているのかな?」という疑問を抱いてしまったのもまた事実である。

 

■総括:人と人の付き合いであることの難しさ

今回の体験の満足度は、残念ながら極めて低い。その一因としては、相手女性が生理になってしまったというアクシデント(ただしこれも、ナプキンをしていたことからも“そろそろ来るかも”という意識はあったわけなので、全くの事故ではないと考えている)があったこともあるが、外見や性格といった面で相手に自分が合わなかったのかもしれない、という気持ちもある。

上述の通り、彼女の歯に衣着せぬ物言いというのは、ひとえに彼女自身が良くも悪くもマイペースだというところに起因する。“風俗業”という仕事を働く女性たちがどう捉えるかというのは人それぞれだし、またどのような捉え方がお客さんの側にとって望ましいのかというのも、ケースバイケースであったりする。女性達がシビアに“ビジネス”として捉えていた場合、つまり自分自身を“サービス業のプロフェッショナル”として捉えていた場合、相手の気分を悪くさせるようなことは極力避けるだろうし、逆にストレートな物言いで良い関係性づくりができそうだと判断すれば、積極的にそれを行うこともあるだろう

今回のともかさんの場合には、良くも悪くも“プロフェッショナル”という意識はあまり強くなかったのではないかと思う。ただ、それがまた一概に悪いというわけではなくて、“飾らないところがいい”という評価をする可能性もある。また、女性の側から見て私自身が“この人が相手だったら、生理でできないこともあるけど、何とかできる限りがんばろう!”と思わせる相手だったとしたら、また結果は変わっていたかもしれない。もっとも、仕事の対象によらず十分なパフォーマンスを発揮してこその“プロフェッショナル”ではあるので、そういった意味でも彼女は“プロフェッショナル”としての意識は強くなかったのかもしれない。

私自身の今回の感想としては、感覚上50点を下回るような結果ではあるのだが、そうした“ほかの相手、ほかの状況なら…”という可能性も鑑みて、55点という結論に至った。

それにしても、お金を媒介にしているとはいえ、やはり性風俗が人と人との付き合いであることには変わりはない。それ故の難しさというものも感じた、今回の調査であった。

 

【調査概要】

調査タイプ:指名調査
プレイコース:60分
料金:19,000円
(うち指名料2,000円、交通費3,000円)
時間帯:深夜
お相手女性:ともかさん

 

店舗ページに戻る

この女の子は....

この女の子に会いたい....

店舗TEL:03-3988-9888

※お問い合わせの際は「kaku-butsu(カクブツ)を見た」とお伝え下さい。

このレポートを読んでいる人はこちらの女性をチェックしています。

イベント思い出ページ

私が調査しました!

私が調査しました!

性属性:若い子好き/マット大好き

AV属性

団員評価傾向

  • 辛
  • 中
  • 甘

この団員評価は...

支持
30
不支持 :
4

この団員評価は...

支持
30
不支持 :
4

この調査団員を支持しますか?

プレイ時間
60分
コース料金
14,000円
入会金
0円
指名料
2,000円
交通費
3,000円
割引
0円
ホテル代
0円

ユーザーコメント 0件

コメントを書く

動画

店舗情報
  • ミドル
  • 素人
店舗ホームページへ

  • エリア  池袋エリア
  • 最低価格  60分 / 13,000円~
  • 営業時間  12:00~06:00
  • 在籍数  120人
  • 平均出勤数  20人
  • 年齢層  20代前半

調査店舗一覧

動画紹介