川崎 ソープ 全力!!乙女坂46

本日川崎エリアに出勤のレポートのある女の子 PICKUP20

川崎風俗の特徴

川崎・堀之内・南町エリアはピンサロやソープといった風俗店が立ち並ぶ中、意外にもヘルス店もある川崎。箱ヘルに行けば、かつてソープだったであろう広いスペースのプレイルームで極上のマットプレイを味わったり、地方の街で人妻と出会うといったような風情を楽しんだりできる街だ。

川崎は、神奈川県川崎市川崎区に位置するJR川崎駅と京急川崎駅を中心に広がる繁華街です。JR川崎駅の東口は再整備され、駅ビルは、有名店が入居する「アトレ川崎」となり、地下街である「川崎アゼリア」への入り口は透明感溢れるガラス張りになり、洗練された都会の駅へと変貌を遂げました。川崎アゼリアは、大阪の長堀地下街、東京の八重洲地下街に次ぐ日本で3番目に大規模な地下街です。川崎アゼリアといえば、「アゼリア宇宙カプセル」というからくり時計が有名で、定刻になると演奏が始まり、人形が動き出すと、多くの人が足を止めて見入っています。川崎駅東口から京急の線路を越えたところには、撮影などに使われることの多い有名な商店街「銀柳街(ぎんりゅうがい)」があります。ステンドグラスが施されたアーケードが美しく、昔ながらのお店から流行の飲食店などが立ち並び、賑わっています。路地裏には風俗店も多くあります。

神奈川県の中でも、川崎エリアの堀之内や南町といったエリアは全国屈指の風俗エリアであり、その中心はソープです。歴史上では、江戸時代などの昔は川崎大師くらいしか存在しなかったものの、それから東海道が開通し、宿場町として栄えたという歴史があります。川崎には、首都圏最大級のシネマコンプレックスであるチネチッタと、全国的にも有名なライブハウスであるクラブチッタも有しているという複合商業施設「ラ チッタデッラ」があり、最大の観光地といっても過言ではないでしょう。

川崎のソープの歴史は、第二次世界大戦後にGHQが駐在し、堀之内と南町の復興が優先的に行われた名残りとも言われています。南町は公認の赤線区域に指定され、同じく遊郭ではあったものの非公認であった堀之内は青線エリアに指定されたということがありました。こういった違いはあるものの、昔ながらの遊郭が存在していたエリアとして、このエリアは有名なのです。全国の繁華街を見ても、現在はデリバリー型の風俗店が主流になりつつある中で、指折りの店舗型風俗店が多いエリアであり、その中でソープランドの数が多いのは、非常に珍しいのです。ですから、このエリアに関しては、古きよき女遊びの場としても未だに多くの風俗ファンから愛されている所でもあります