吉原 https://fuzoku.sod.co.jp/recruit/?areabanner0513

吉原風俗の特徴

吉原(よしわら)は、江戸時代に江戸郊外に作られた、公許の遊女屋が集まる遊廓(吉原遊廓)、およびその地域の名。現在の東京都台東区千束四丁目、および三丁目の一部にあったと言われている。。現在は日本一のソープランド街として知られ、吉原大門を入り口として仲之町通りを中心にソープランドが密集している。現在『吉原』にはおよそ140店舗のソープランドが営業中といわれている。『吉原』のソープランドは『総額』が80,000円以上の『高級店』から10,000円を切る『格安店』まで、価格帯だけをとっても様々。吉原は駅から非常に遠い場所にあり、アクセスでいうと、一番近い駅は地下鉄日比谷線の三ノ輪橋駅。JRでいうと、南千住駅や鶯谷駅あたりになるのだが、多くのソープ利用者は日暮里や上野駅からのタクシーや送迎を使うケースが多いであろう。

多くの人が持つイメージ通り、吉原の風俗イコール「ソープ」であり、デリヘルやホテヘルは存在しない。そして、この吉原風俗は、遊郭の時代からトルコ風呂、そして現在のソープランドと脈々と続く長い歴史で培われたテクやサービスがある。吉原の街も遊郭の雰囲気を残し、他では絶対に味わえない雰囲気と風俗サービスを味わえる極上の場所として、男なら一度は足を運びたい。老舗揃いの吉原のソープは在籍している女の子の質が高く、吉原は風俗好きにとっては憧れのブランドエリアである。有名な地域なので、わざわざ地方から吉原のソープで働こうとやってくる女の子も珍しくない。そのため、レベルの高い子が集まりやすいエリア。また、このエリアには高級店も多いです。高級店は料金が高い代わりに女の子の質が最上級!顔出しNGの芸能人や素晴らしいルックスのモデル、人気AV女優など、滅多にお目にかかれない女の子が揃っている

吉原独自のルールもあるので初心者はざっと調べてほしいが、kaku-butsuでは掛る費用の総額の他、女の子の出勤情報に写真割引情報をで載せているので来店前の店舗選びに一度確認すると安心できるであろう。

kaku-butsuには吉原の風俗を最大限楽しむためのコンテンツが充実。様々なソープのお店があるので、店舗情報を眺めているだけではなかなか「これだ!」というお店が見つからないという方もいるでしょう。そんなときにはkaku-butsの調査情報をもとに算出したランキングを参考にするといいであろう。掲載されているのは、注目されているお店を厳選したランキングです。幅広い方から支持されているお店ばかりなので、「とりあえずの一軒」に選んでもハズレはありませんよ。もちろん、在籍している女の子もレベルが高い子ばかり!

【吉原格安店ソープの特徴】
総額1万円~2.5万円のお店が吉原での格安店である。格安店は主に60分で遊ぶことが多く、なかには1万円ちょいで遊べるようなお店すらあり、特に早朝は価格が安くなり、コスパは非常に良いだろう。格安店はMットはなく、Bッドだけのプレイのお店が多いのが特徴的。安いからと言って決してレベルが低いということはなく、短い時間で遊びたい人向けのお店として、格安店があると認識してほしい。なので、時間がないときにサクッと遊びたい、という方にこそおススメなのが吉原格安ソープである。

【吉原大衆店ソープの特徴】
吉原ソープの大衆店といえば、総額25,000円~50,000円のお店を指す。大衆店は60分~120分と遊べる時間の幅も広く、もっともユーザーのお店選びを悩ませるのが大衆店である。60分25000円でレベルの高い女の子と短く遊ぶ方法もあれば、35000円でコスパよく120分じっくり遊ぶこともできるであろう。そして、大衆店になってくると、ソープのだいご味でもあるMットを堪能できるお店も増えてくる。しかし、近年はMットをやらないお店も増えてきており、お店の事情に関してはkaku-butsuのレポートをチェックして、実情を確認しよう。