【谷町九丁目 天王寺】桃色ハンズみか【85点オナクラレポート】(口コミ・体験談)

カクブツ覆面調査団員 募集中!

桃色ハンズ:みか【85点】

みか (19)

T 160 ・B 86 ( D )・W 57 ・H 87

2022/12/02(金)

  • ルックス点

  • 接客姿勢点数

  • テクニック総合点

  • 女性のSM度 S度

点数85

  • 0
  • --

【3Pレポート】ドS美少女ふたりの本気責めが最高!

【概要】

本日は谷町九丁目 天王寺エリアにある「桃色ハンズ」のみかさんを調査いたしました。

キレイ系でキツネ顔のみかさん、可愛い系でたぬき顔のふたばさんのお二人に同時にお相手してもらう「手コキ3Pコース」での調査となりました。ビンタと乳首責めというフィジカルな責め担当のみかさんと、ノーブレスで一気に畳み掛ける罵倒で言葉責めをしてくるふたばさんの見事なコンビネーションに本気で追い詰められつつ、絶妙のテクニックで攻めてくる手コキに存分に悶えてしまいました。組み合わせが大事な3Pにて、1+1が2以上になるコンビネーションプレイを楽しめた点、そんなコンセプトにマッチした体験がローコストで楽しめた点を考慮し、CP値を85点とさせていただきます。

 

 

【みかさんについて】

【ルックス】★★★★☆ (3.8)

Sっぽさを感じるキレのある目元にロングヘアが似合う、すっきりとしたキツネ顔の美人系。女優の水川あさみさん系の美人のイメージを持ちました。

 

【スタイル】★★★★☆ (4) T160 ・86(D)・57・87

着衣評価ですが、公称の身長以上にスラッとしたイメージを持つスレンダー系。秋服の上からでもしっかり主張するDカップと長い脚が好印象

 

【接客姿勢】 ★★★★☆ (3.5)

プレイ中、S全開のキャラクター設定はコンセプトマッチしていましたが、プレイ前後のシャワーや雑談ではよそよそしさを感じてしまいました。

 

【テクニック】 ★★★★☆ (3.5)

3Pでのプレイ中は主に乳首責めとビンタを担当し、手コキは相方のふたばさんが担当。ふたばさんの手コキに金玉攻めを混ぜてきたりと、コンビネーションプレイが抜群でした。責めの火力調整は苦手だそうですが、急所に入れてくる本気ビンタや、翌日まで痛みの残る乳首つねりなど、こちらの要望に躊躇なく対応してくれました

 

 

【桃色ハンズについて】

本当の意味でのオナクラ遊びを大阪で楽しみたいなら桃色ハンズだろう。風俗で言う「素人」とはデフォルメされたイメージを伴いがちだが、桃色ハンズも女の子たちはそうではない。「電車で横に座っていた普通の女の子にオナニーを手伝ってくれる」ほどのポテンシャルで素人女子と遊べるお店だ。一度、そのリアリティを楽しんではみてはどうだろう。

 

【店員さん】

電話・店舗での案内では、細かい説明も含めて安心感のある対応を受けました。

 

 

○こんな方にはおすすめいたします。

・スレンダー美女に責められたい

・本気のビンタはご褒美です

・ガチM男です

 

○こんな方にはおすすめいたしません。

・優しくされたい

・イチャイチャ感を楽しみたい

・ホスピタリティ重視派

 

 

○プレイデータ

お名前:みか

プレイ時間:60分

プレイ総額:22,000円

内訳:手コキコース3P (レンタルルーム代は料金に含まれます)

備考:喫煙なし、タトゥーなし、ボディピアスなし、傷跡なし

 

プレイ詳細

<プレイの流れ>

サイトで女性を確認して電話予約。一時間前の確認電話の後、店舗で受付。店舗では女性の対応を確認するカスタマイズシートの記入とオプションの指定があります。その後説明と精算を済ませた後に、指定の場所のロビーではじめまして、という流れになります。こちらのお店では、写メ日記やTwitterを活発に更新していますので、それらも女性選びのためにチェックすることをオススメします。


<対面>

指定場所のロビーでお二人と対面します。美人系のみかさんと、可愛い系のふたばさんに促されて部屋へ。特にエスコートされるわけではなく、後ろに付いていくだけですが、部屋に入る前からM男として冷たく使われているようでドキドキします。部屋の中に入ってからも、みかさん、ふたばさんの二人の間も含めてよそよそしさがあり、そのままカスタマイズシートを確認し、一人でシャワーを浴びて出てくるまで続きました。


<女性からの責め>

シャワーを浴びた後、全裸でそのままベッドに仰向けになるように言われます。二人の性格はお勧めされた「S」で、適宜してほしいことを追加していく形にしましたが、全裸で出てきた瞬間から強めのSを発揮してきます。「ほら、若い女の前で全裸になってんの恥ずかしいな?」と、こちらの左側に陣取るふたばさん。右側に陣取ったみかさんも「恥ずかしい姿見られるのが好きなんだよな変態だな」と、二人して強めのゴミ扱いからスタート。今回のプレイでの手コキ担当になったふたばさんにペニスを指先で弄ばれ、しばしペニスの品評会が開かれます。ふたばさんに嫌そうに「おじさん粗チンじゃん。こんなんで女の子楽しませられんの?」蔑まれつつ、みかさんに「ちっさ~」と、他の風俗ではなかなか体験できないサイズいじりをされ、初手から容赦ない罵倒に一気にプレイに引き込まれます。恥ずかしさで反応してしまうと、ペニスをいじっているふたばさんが「お?粗チンだと思ったけど意外と大っきくなってきたな」。金玉をいじっているみかさんに「少しは楽しめそうじゃん」とフォローされて嬉しい気持ちに。最初のよそよそしさはどこへやら、コンビネーションの言葉責めを浴びて、速攻で二人のペースにハマってしまいます。ここからふたばさんの手コキに入りますが、今回は交代制ではなく、フィニッシュまでふたばさんが担当する形になり、乳首責めとビンタをみかさんが担当。乳首担当のみかさんに、通常の乳首責めでは感じないと伝えると、「こうやって痛めつけられるのが好きってマジ変態じゃんキモ」と罵りながら、激しめに乳首を痛めつけてきます。また、リクエストしたビンタもいつ飛んでくるか解らず、さらに強烈な一撃をアゴに決められるなど、プレイを超えた本気感のある力加減で、一切気が抜けません。


<ふたばさんの罵倒手コキ>

ふたばさんはM男をいじめるのが大好きだそうで、「おまえ豚だな!豚は喋んないだろ??豚はブーブー言ってろ!ほらもっと大きな声でよ!お前なんか出荷されて給食にでもなっちまえ豚!」のように、罵倒と調教が入り混じった圧の高い言葉責めをもらえます。さらにツボを押さえた手コキは、握る強さ、ストローク、そして握りの形が多彩で、それらを変化させてもペニスのテンションが一切落ちずにずっと気持ちいいという、かなりのテクニックの持ち主。みかさんとのコンビネーションも抜群で、ふたばさんが鬼頭責めをしている間、みかさんにスペースの開いている金玉を揉まれるなど息つく暇がありません。途切れることのない二人の責めと手コキテクで、ずっと興奮状態のままもだえ狂います。さらにはローションが投入されますが、適温を適宜継ぎ足してくれる高度なローションコントロールで快感が止まりません。


<フィニッシュ>

仰向け、四つん這いの姿勢で言葉責めと暴行プレイを耐え抜き、頭の中がスパークするような極度の興奮に耐えていきます。さらに時間も終盤に差し掛かり、ふたばさんがこちらの反応から探り当てた最高のストロークでフィニッシュに向けて手コキを加速させます。みかさんもさらに攻撃的に乳首を責め、強めのビンタを飛ばして応援してくれます。フィニッシュに向けて激しい動きになりながらも、ふたばさんが「イきたいでしょ?イかせてくださいってお願いしろよ!」と罵ってくると、「ほら変態いっぱい出せよ!」とみかさんにも罵られながら大量のフィニッシュ。射精後も余韻を感じさせる優しいストロークで出し切らせてくれました。その後は、二人がかりの激しい責めに体力を使い果たしてしまったので、少しの休憩を入れ、セルフでシャワーを浴びてローションを落として終了しました。


<最後に>

3Pプレイでは、女性二人の相性が満足度を変えますが、今回の役割分担がはっきりしたみか・ふたばのコンビネーションの満足度は高く、プレイ時間を絶え間ない責めで満たしてくれました。特に本気度の高い言葉責めは興奮で我を忘れそうになるほどで、マゾ度の高い方ほどお勧めできると思います。ただ、プレイ前後でのよそよそしさは、プレイに望む気持ちを作る上で障害になってしまったので、もう少しフレンドリーでもよいかと感じるところではありました。また、各種有料オプションにてさらに好みのプレイにカスタマイズできますので、妄想力を高めて希望するプレイのイメージをしっかり持った上で予約を入れると、ますます満足度の高いプレイができると思います。



店舗ページに戻る

この女の子は....

この女の子に会いたい....

店舗TEL:06-6191-7288

※お問い合わせの際は「カクブツを見た」とお伝え下さい。

このレポートを読んでいる人はこちらの女性をチェックしています。

SODが風俗代全額負担。

私が調査しました!

私が調査しました!

No.2750
松島囚人

ユーザーコメント 0件

コメントを書く

動画

店舗情報
  • エコノミー
  • 素人
  • 女子大生
  • M性感
店舗ホームページへ

  • エリア 大阪エリア
  • 価格帯 --分 / --円
  • 営業時間 11:00~22:00
  • 在籍数 40人
  • 平均出勤数 7人
  • 年齢層 20代前半