【鶯谷・日暮里】変態なんでも鑑定団りりこ【83点デリヘルレポート】(口コミ・体験談)

カクブツ覆面調査団員 募集中!

変態なんでも鑑定団:りりこ【83点】

りりこ (28)

T 152 ・B 80 ( B )・W 54 ・H 81

2023/02/26(日)

  • ルックス点

  • 接客姿勢点数

  • テクニック総合点

  • 女性のSM度 S度

空き状況を確認する 空き状況を確認する

本日出勤中10:00~20:00

点数83

  • 0
  • --

おっとり優しいお姉さんに導かれて、新たな世界の扉を開く、かも。

【概要】

本日は鶯谷・日暮里エリアにある「変態なんでも鑑定団」のりりこさんを調査いたしました。

一言でいうならば「おっとりとした雰囲気で男性を優しくリードするお姉さん」という感じです。とても人懐っこく優しそうな笑顔と口調、そして細やかでさりげないサービス精神。人生初のM性感でちょっと緊張している私を、フワッと受け入れて包んでくれました。ルックス、スタイルも申し分の無いレベル。とても引き締まったボディーラインが印象的でした。そして、優しくネットリと男性を責め続けるテクニックは、初めてM性感を体験するという人にはピッタリとマッチします。こうした観点から、今回の調査は83点とさせて頂きました。

 

 

【りりこさんについて】

【ルックス】★★★☆☆ (3.3)

プロフィール写真よりお姉さん要素が強いように思えます。写メ日記をこまめに更新されていますし、部分隠しながらも顔写真も積極的にアップしていますので、そちらを見て頂くとルックスイメージは良くわかるでしょう。可愛らしさを感じる丸顔ながらも、大人らしい落ち着きも併せ持つ雰囲気。目元がクリッとしているところが、女優の栗山千明さんを思わせます。

 

【スタイル】★★★★☆ (4.2) T152 ・80(B)・54・81

バスト、ヒップは小ぶりながらも、ハリの良さは一級品。触り心地と揉み心地は抜群でした。特にバストは、公証のカップサイズよりもボリューム感があるように思えます。色気ムンムンのボディーというよりは、アスリート的に引き締まった肉体美という印象でしょうか。スタイル維持への努力を感じるスタイルでした。

 

【接客姿勢】 ★★★★☆ (4.3)

大人の女性らしい、細やかな心配りを感じさせます。何よりもニコニコと優しい笑顔で接してくれて、和やかな雰囲気を作ってくれました。プレイ中は痴女っぽく言葉も交えて責めてくれますが、それほどハードではありません。M性感の初心者にはマッチしているでしょうが、男性の体を欲しがるエロさみたいな味は薄めだったような。男性の好みやプレイ中の反応を見ながら、自分の責め方を変えていくという「懐の深さ」みたいなものを持っていると思えます。

 

【テクニック】 ★★★★☆ (4.2)

印象的だったのは唾液の多さと、その滑らかさです。強めの刺激も柔らかな責めも変幻自在という柔軟さがありました。私がM性感初体験という事で、極端にハードな責めは避けてくれたみたいですが「痛いのが好きという人もいて、噛んだりもするよ」とも。どのくらいの強さが一番気持ち良いのか、注意深く観察しながら調節していく対応力の高さが、彼女の真骨頂でしょう。舌や唇の使い方もテクニカルで、特にネットリとした舌使いは絶品でした。

 

 

【変態なんでも鑑定団について】

M性感の老舗だからこその安心した案内、上級者も満足できるハードプレイも対応可能。 コースは、M性感メインのコースが2種とM性感₊ヘルスが楽しめるハイブリットM性感コースの計3種類。 リニューアルオープンに合わせて美人鑑定士と名乗る女性が多く在籍。 ルックスも、プレイも欲張りたいニーズに合わせたフェチ店

 

【店員さん】

基本的には電話のみの応対です。とても丁寧な接客でした。

 

 

○こんな方にはおすすめいたします。

・まったりと優しく責め倒されたい

・和やかな雰囲気の女性を選びたい

・唾液タップリのプレイが大好物

 

○こんな方にはおすすめいたしません。

・言葉攻めでイジメ抜かれたい

・ハードに激しく責められたい

・キツめの女王様タイプなルックスが好み

 

 

○プレイデータ

お名前:りりこ

プレイ時間:80分

プレイ総額:27,000円

内訳:DXコース80分:26,000円+指名料:1,000円

備考:喫煙なし、タトゥーなし、ボディピアスなし、傷跡なし

 

プレイ詳細

<対面>

初めてのM性感という事で、いつもより緊張しながらホテルの部屋で待つことしばし。今回の調査女性の到着となりました。M性感というから、みんな女王様みたいな勝気な女性なのではと思いきや、とても優し気で明るいお姉さんタイプ。ちょっと緊張がほぐれてきました。
軽く挨拶を交わしながら、部屋に入ってもらいます。そしてソファーに並んで座って、最初のカウンセリング。苦手なプレイや責めの強さ、言葉責めの雰囲気、拘束やアナルプレイ、聖水プレイをするか?など、細かく男性の好みや要望をチェックしてくれます。全部ソフトタイプでというのも選べるので、初体験でおっかなビックリという人でも対応できるようになっていました。
ひと通りカウンセリングが終わると、彼女がシャワーの準備を始めます。湯船にお湯を入れてローションを温めたり、ボディーシャンプーを泡立てたりといった手順を手早くこなしていました。しばらく待っていると、彼女が戻ってきてシャワーに誘われます。脱衣はフルアシストで「あれ、もうこんなに大きくなってるの?」と言葉責めも交えながら。彼女の脱衣は、下着だけ脱がさせてくれました。


<洗体>

泡立てたボディーシャンプーで、とても丁寧に洗ってくれます。泡の感じがとても気持ち良くて、この時点でもう夢見心地。乳首や愚息を愛撫気味に洗われると、それだけで思わず声が出ます。それを「ふふふ、どうしたの?」と痴女っぽい言葉責めが。さらに強めの刺激を加えてきます。
体を密着させるような洗体プレイはありませんでしたが、雰囲気は既にエロモード。頃合いを見て泡を流し、うがいをして部屋に戻ります。ドライはフルアシストでした。


<女性からの責め>

アナルプレイ用のタオル、ボウルに入れたローションなどを彼女が用意して、いよいよプレイ開始です。せっかくなので、今回は私がアイマスクをしてみました。
目が見えない状態で仰向けになり、彼女に身を委ねます。ベッドのへこみで、彼女が私の上に覆いかぶさるのが分かります。どこからどう責めてくるのか、どんな顔をしているのかは全く分かりません。そんな不安とも期待とも分からないドキドキ感の中、彼女がそっと私の乳首にフェザータッチ。「どう?感じてるの?」と言葉責めで雰囲気を盛り上げながら、彼女からの責めは続いていきます。

【乳首リップ】
舌全体を使ってベロッと舐めまわしながら、舌の先で押したり、唇全体で吸ったりと、色々なシチュエーションを混ぜながら刺激していきます。最初は優しく、そしてゆっくりと徐々に力を強めていくというネットリ感の演出が実に巧みです。そして音の出し方も特筆点に挙げられるでしょう。豊富な唾液で「ジュルジュル」と音を立てたり、唇で吸って「チュッ」と音を出したり、何とも淫靡な雰囲気を作ってくれます。一カ所ずつ丁寧に、時間をかけて責め続けるというのも、痴女っぽい空気づくりに一役買っていたように思えます。
【キス】
キスというよりは唇と舌を舐めあげるという方が表現として合っているでしょう。これも唾液たっぷりで、舌もグルグルと回して絡めてと、とにかくバリエーションが豊富です。思わずこちらも舌を大きく出して唾液をおねだりしたくなったりと、男性を酔わせて飲み込むような雰囲気がありました。
【フェラ】
これも吸ったり咥えたりという動作よりも、舐める方がメインの技でした。そして手を使ったシゴきとの連携も、計算しつくされた巧みさを感じます。強さとしては柔らかめで、ヘルスのようにフィニッシュを意識したものでないようです。あくまでも雰囲気を高めていくプロセスのひとつという使い方で、これもネットリと時間をかけて責め続けてくれました。
【ハグ・密着感】
ややアッサリした感じかな?という印象はありました。舌を使った舐め技はネットリと巧みでしたが、体をピッタリと密着させてというシーンは少なめ。淫乱痴女といった印象は薄めでした。
【顔面騎乗位】
私の顔の上に秘部を乗せながらの手コキというスタイルです。変型シックスナインといったところでしょうか。こちらから攻めていないので、彼女は濡れていません。どれだけ感じてくれるかな?と思いながら舌で舐めまわしてみますが、ちょっと攻めきれない感も。ですが、彼女の股間からお尻にかけた部分が、柔らかく顔を圧迫する感覚は実に気持ち良かったです。下手に攻めるよりも、彼女の股間に顔を埋める幸福感を堪能する事に徹した方が楽しいでしょう。
この時にアイマスクは外させてもらいました。
【手コキ】
充分に温めたローションをタップリと愚息に塗り、しっかりと握って強めに刺激してくれます。握力が強くないと、あの味は出せないだろうと思うくらい安定感のある強さと動きでした。刺激を加える箇所も、亀頭になったりサオになったりと変幻自在。ローリングが加わったり速度が変わったりと、工夫を重ねてきた事がしっかりと伝わる技でした。


<アナルプレイ>

さて、今回のメインイベントともいえるアナルプレイ。充分に温めたローションをお尻の穴の周りに塗り、ゆっくりと彼女の指が入ってきます。「痛かったら言ってね」と、初体験である私を優しく気遣ってくれました。最初は彼女の指第一関節まであたりでしょうか。私が痛がっていないかどうかを表情や声で丁寧に確認しながら、ゆっくりと次のステップへと。最初はゆっくりと穴の中を押し広げるように指を回します。そして最後まで奥へ行くと、穴の中から愚息の方向へと押すというような動きに変わっていきます。これが前立腺刺激というものでしょうか。あくまで優しく、ゆっくりと、新しい世界へと誘うように「どう?どんな感じ?」と優しく彼女が声をかけてくれます。その指の動きの柔らかさと優しさに、彼女の細やかな心遣いが。そんな彼女の優しさに包まれるように、初めて味わう感覚に不思議な気持ちで身を委ねていました。
しばらくそんな時間が続くと、ちょっと疲れた感覚になりました。「今回はこのぐらいにしておこうか?」と彼女から。あれが新しい目覚めだったかどうかは分かりませんが、初心者でもOKなように細やかに気を配ってくれる彼女の優しさは感じられました。それだけでも体験してみる価値は充分にあったと思えます。


<フィニッシュ>

愚息にたっぷりとローションを塗り、いよいよフィニッシュです。しっかりと愚息をシゴきながら乳首をネットリと責めたて、そして唇と舌を激しく舐めまわします。そのエロさと、まだ余韻が残るアナルプレイの感覚に酔わされて、思わずバストのお触りをおねだり。「しょうがない子ね」と彼女が私の手を自分のバストに導きます。そして顔を近づけて再び激しく唇をベロベロと。すると急に沸き上がる快感に抵抗できなくなり、思わず暴発。しばらく放心状態に陥ったような感覚のまま、快感の余韻に浸っていました。


<フィニッシュ後からお別れまで>

フィニッシュの後始末を彼女がティッシュでしてくれて、その流れでピロートークとなりました。彼女は仰向けで寝ている私の横に座りながらという位置に。ここでのスキンシップはありませんでした。ちょっと距離感があったように思えます。それでも色々な話で楽しく盛り上がって、あっという間にアフターシャワーの時間になりました。
湯船に入ってローションを落としてから、最初と同じように泡立てたボディーシャンプーで丁寧に洗ってくれます。セルフでドライと着衣をしてから一緒に部屋を出てホテルの前でお別れ。最後までニコニコと手を振って見送ってくれました。
一緒にいて楽しいというか、ホッとできる女性でした。最初のM性感という事で緊張していた私には、ピッタリな女性だったように思えます。どんな男性にも優しく合わせてくれるという懐の深さ。まだ熟女というには若い年齢ですが、すでに貫禄みたいなものも感じました。そして何よりも「新しい世界」を垣間見たような静かな興奮の余韻を抱きながら、今回の調査は終了となったのでした。



店舗ページに戻る

この女の子は....

この女の子に会いたい....

店舗TEL:03-5808-5765

※お問い合わせの際は「カクブツを見た」とお伝え下さい。

このレポートを読んでいる人はこちらの女性をチェックしています。

SODが風俗代全額負担。

私が調査しました!

私が調査しました!

No.4946
青井友一

ユーザーコメント 0件

コメントを書く

動画

店舗情報
  • ミドル
  • M性感
  • 痴女
  • SM
店舗ホームページへ

  • エリア 上野・鶯谷・神田・秋葉原エリア
  • 価格帯 --分 / --円
  • 営業時間 09:00~05:00
  • 在籍数 100人
  • 平均出勤数 30人
  • 年齢層 20代前半