【横浜】五十路マダム横浜店(カサブランカグループ)浅倉ひとみ【80点デリヘルレポート】(口コミ・体験談)

画像

五十路マダム横浜店(カサブランカグループ)

店舗TEL:045-334-8150

浅倉ひとみ (45)

B83(C) W61 H85T160

2017/09/04(月)

  • ルックス点

  • 接客姿勢点数

  • テクニック総合点

  • 女性のSM度 M度

本日出勤中12:00~20:30

次回出勤09/24(日)12:00~20:30

点数80

  • 0
  • --

残暑厳しいヨコハマで、癒やしも和みも入手する!

【概 要】

今回の調査は横浜エリアの熟女デリヘル「五十路マダム横浜店(カサブランカグループ)」。中国地方の雄と名高いカサブランカグループのお店です。(2017年8月の調査時点で、当グループにおける首都圏唯一の店舗)店名が示すようにアラフィフの女性が中心となっています。

お相手いただいたのは「心を射止める満面の笑み」と紹介されている「浅倉ひとみ」さん(45才)。同世代の女性と気の置けないひと時を過ごしたい!と思い立ち、ブックマークから「五十路マダム横浜店」の公式HPをピックアップ。目に止まったのは爽やかなビキニ姿の「浅倉ひとみ」さんでした。「ぼかし以外の修正なし✕3サイズ実寸表示」を謳う当店基準での「ウェスト61cm」にそそられたこと、質量充実の「お客様からのクチコミ」に興味を持ったことで予約の電話を急ぎました。

実際の「浅倉ひとみ」さんは「隣の奥さん」的な印象の女性。ハッとさせられるような美人とは言えず、耳目を惹くフラッシーな要素も見受けられないものの、清潔と良識を感じさせる落ち着いた雰囲気です。

今回も電話予約から女性の退出まで、納得の100分間を過ごすことができました。「五十路マダム横浜店」に対する信頼は揺らぐことがありません。「浅倉ひとみ」さんは煽情より癒しを求める方にオススメの女性です。

1. 女性について
<ルックス> ★★★☆☆(2.5)
有名人に例えると、目元に「有森也実」さんを想わせる雰囲気がありますが、ソックリというわけではありません。いい意味で街並みに溶け込む日常性を感じました。

<接客姿勢> ★★★★
礼儀正しく、気配りのできる女性です。言葉遣いは一貫して丁寧。脱衣アシストもしていただき、プレイ後の乱れたベッドをさり気なく直すなど「オトナの女性かくあるべき」といった局面がありました。

<テクニック> ★★★☆☆
「五十路マダム横浜店」のオープン(2017年5月)と同時に業界未経験で入店したとのことで、現段階ではヘルスプレイの全てを修得しているわけではありません。しかしながら丁寧なリップやフェラにはこれまでのご経験や生真面目なお人柄が反映されているかのようです。

<スタイル> ★★★☆☆(3.4)
プロフのT160 B83(C)W61 H85は「実際にメジャーで採寸して実寸を表示」とのこと。ハリのあるCカップバストやたるみがほとんど見られないウェストは45才のご年齢を考慮すれば、見事にシェイプされたカラダと言えます。肌のコンディションも良好です。(
4に近い3です)

2. 店舗について
<コンセプト>
「いつまでも女として愛されたい。よみがえる性欲、溢れ出す愛欲」が該当すると思われます。キーラインは1.嘘・大げさ・紛らわしいを完全排除 2.スリーサイズ実寸表記、ぼかし以外修正なし 3.親切・丁寧をモットーにスタッフ一同全力でご案内させていただきます の三項です。カリスマ的女性経営者である「長谷川華」さんによる「カサG卒業生4200人のみなさんへ」「東洋経済オンラインの取材記事」を是非、ご一読ください。カサブランカグループの本質を理解いただけるはずです。

<システム>
90分17,500円から。入会金は無し、本指名の場合に限り1,000円が追加されます。入会金無料のプレミアム会員になることで1,000円の割引が得られると同時に、カサブランカグループ全店共通のポイントプログラムによって400ポイントが付与されます。待ち合わせを選択すると90分+10分で同額となるためお得。(ただし、中区長者町、桜木町駅周辺に限定)デリバリーの場合、交通費無料エリアは南区と中区(いずれも横浜市)となります。どのコースでも選択できる「7つの無料オプション」は、一般的には有料オプションとなる電マやローターなども含まれるためチェック必須。なお、一般の利用者は3日前からの予約、前述したプレミアム会員は一週間前から予約が行えます。

<受付応対> 
完璧な応対。割引プランの適用含め、どのようなことも能動的に対応いただけます。「風俗店としては」というキャプションは不要。全業種が模範とすべき「五十路マダム横浜店」の高度な接遇を是非、ご体感ください。

3. CP値について : 80
「浅倉ひとみ」さんはいい意味での日常性を有する女性。落ち着きがあり、オトナの礼節と気配りを備えておられます。2017年5月に業界未経験で「五十路マダム横浜店」に入店。多忙な本業の傍らでの出勤につき、場数の問題に起因する接客面やプレイ面の不足があったことは否めません。しかしながら前者は甲斐甲斐しさで、後者は丁寧なリップやフェラで補完しています。際立った個性が無く、特に「熟女=妖艶さ、淫靡さ」と考える方には不向きかもしれません。およそ風俗店で働いているようには思えない「隣の奥さん」的な女性とひと時の情事を愉しみ、また癒やしを得たいとお考えの向きには、満たされた時空がもたらされることでしょう。今回は「カクブツ見た割引(リピーター)」とメルマガ会員割を併用し100分総額15,500円(待合せ+10分含む)でしたが、次回以降「浅倉ひとみ」さんを90分コースで本指名する場合、18,500円を要します。(会員割引を考慮すれば17,500円)前述したいくつかのポイントと「五十路マダム 横浜店」のコンセプトならびに当店を利用される方々の価値観に立脚して当該価格を潜考した結果、今回のCP値を80としました。

<<こんな人にオススメ!>> 
・業界未経験の清純派マダムを探し求めている方
・真面目で礼儀正しい女性がお好きな方
・熟しきってしまう直前のカラダを堪能したい方


<<こんな人にはオススメしません…>> 
・妖艶なマダムとまぐわいたい方
・テクニック重視の方
・どうしても50代の女性がいい!という方


4. 調査データについて
<指名女性>
浅倉ひとみさん(45才)

<プレイ時間>
100分(プレイ90分+待合せ10分)

<プレイ料金>
15,500円(100分16,500円[カクブツ見た割引]−1,000円[メルマガ会員特典]※待合せ10分を含む)
※ホテル代別途

<時間帯>
午後

<備考>
喫煙無し、タトゥー無し、ボディーピアス無し


【詳 細】

1. 顔合わせ(「浅倉ひとみ」さんの印象)
今回は中区長者町(横浜市)での待合せを選択しました。約束の時間10分前に当日の服装を告げるべくお店に電話連絡を行うと「あと5分ほどで到着いたします」との伝達。少しも待たされることなく「浅倉ひとみ」さんと合流できました。第一印象は朝のワイドショーでインフォマーシャルを担当している女性のようといったところ。目を惹くような華やかさは無いものの、安穏な雰囲気です。

待合せ場所からほど近いホテル街に向かう途中の雑談は互いに丁寧語。さながら「隣の奥さん」との逢瀬のようだと擬似的な背徳感を抱きました。部屋に入って一息つくと、お店へホテル入室の連絡を行います。支払の際には「五十路マダム」のリーフレットと「お電話代」としてポチ袋に入った十円玉を手渡してくださいました。「カサブランカグループ」の気配りはどこまでも徹底しています。私にとって同世代の女性ということもあり「70年代生まれあるある話」で大いに盛り上がりました。たまたま共通項があったから盛り上がったのではなく、聞き上手で配意ある「浅倉ひとみ」さんであれば、どのような内容の会話でも同じ結果かもしれません。

2. プレイイメージ
<最初のシャワー>
会話の隙間で「そろそろ、シャワーにしましょうか?」との声がけがあります。それを受け脱衣しようとする当方に、途中から距離を詰めてアシストしてくださいました。段取りが整いすぎていないところにリアリティがあります。続けて「浅倉ひとみ」さんの脱衣となりますが、死角ない部屋だったこともあって全裸でそれを傍観することになりました。手持ち無沙汰の感がありましたので、利用者に何らかの役割を求めるのも一考かと思います。

バスルームでの洗体は非常に丁寧。温度調整への配慮も行き届いており、カラダの前面、背面、臀部と手を抜くことがありません。男性器周辺はグリンスでしっかりと。非常に心地よいシャワータイムでした。ただし、ボディソープの選定については匂い付きか無香料か識別しているようには思えませんでした。様々な立場・状況の利用者がおられるため、意識していることを強調して然るべきところです。

当方の洗体が終わると「先に上がってお待ちください」との指示がありました。拭き取りアシストがないことはさて置き、洗面所付近にバスタオルが用意されていないことに困惑しました。先に出た私が少々距離のあるところまで取りにいくことになってしまい、室内の床はビシャビシャです。これについてはサービスに対する考え方の問題とは異なりますので、今後はご留意ください。

青字とした部分は風俗店でのお仕事が不慣れなことによって気が回らなかっただけでしょうから、時間や場数が解決してくれるはずです。

<ベッド>
ベッド中央で待機していると、きちんとバスタオルを巻いた「浅倉ひとみ」さんが姿を見せました。「失礼します」と当方の左サイドに位置取ったのですが、見つめ合ったまま何かが始まる様子がありません。普段は攻めと受けのどちらからスタートするか質問してみたものの「え・・・(照)」と絶句して恥ずかしそうにしています。その反応に和みつつ、少し意地悪な気持ちも湧き上がり「浅倉ひとみ」さんから攻めてもらうことにしました。ゆったりした動作で圧迫感を与えない程度に覆いかぶさり、まずはキスからスタート。決して器用なそれではないものの、唇をはむような動作と控えめな舌入れが素人女性との情事を空想させ、ここでの応戦はあえて控えめなものとします。口唇は首筋から点線を描くように胸部へ向かい、左右の乳首に行き当たりました。あくまでも優しく、ナメられている実感より口内の温かさが先行します。そこから先のリップを省略することなく、ゆっくり下方に降りていき、男性器を手に取ると舌先を陰嚢に。縦の動きを中心とする絶妙な加減でナメ上げていきます。ほどなくしてフェラに移行。単純なストロークに終止すると予想していたところ、深浅や強弱に対する配慮や舌先をあてる場所の変化など、意外とも言える豊富なバリエーション。業界未経験とはいえアラフィフの女性ともなれば、これまで培ってきたご経験の転用が効くのかもしれません。

生真面目な「浅倉ひとみ」さんのことですので、当方がいいと言うまでフェラが終わらないような気がしたことで、上半身を起こして右手を脇差しに、左手で首を抱えて体勢を入れ替え、攻守交代を図ります。当初、カラダに巻いていたバスタオルは既に外れています。腕枕の状態からバードキスを繰り返した後は左首筋に口唇をあてがい、線形の連続性を意識しながら胸部に移動。ここで「浅倉ひとみ」さんのスタイル全貌をチェックしました。まず驚いたのは、前述したビキニ姿のプロフ写真の通り、腹部に無駄な肉づきがみられないことです。出産経験がお有りにつき、妊娠線の表出はあるのですが一般的な多寡の範囲に過ぎず、むしろ不謹慎な情欲を掻き立てられます。Cカップのバストにはハリがあり、加齢による下垂はほぼありません。乳首を口に含み、自由が担保されている右手でフェザータッチを行いました。敏感な部分に手先をかすらせれば、これまで控えめだった吐息混じりの反応が明確なものとなります。ここで腕枕の左手を抜き取り、両手を全身に行き渡らせることにしました。肌の質感もしっとりしており、シミも確認できません。ルックスは年齢相応ながら、スタイルの均整が保たれている感がありました。愛撫を重ね温まったところで、いよいよ女性器に目を向けます。アンダーヘアのお手入れはナチュラルに近い状態ですが、いわゆる「生やしっぱなし」ではありません。ワレメに沿って中指を下から上に何度か這わせると、既に指一本を受け入れるのに十分な湿度が感じ取れました。反応を確認しつつゆっくりと差し入れて、妥当と思われる場所に配置。すると「あぁ・・・」といった官能の声が間断なく訪れるようになります。乳首ナメを継続して、薬指も追加。逆Vの字を形作った左手で陰唇を押し開き、右手は中指一本だけに変更してストロークを加えクリをナメます。すると次第に腹部の律動が大きくなり「あぁ、イク!」との声とともに、グッと腰を浮かせ生々しい絶頂を迎えました。息も絶え絶え、恥ずかしそうに左手で顔を覆う「浅倉ひとみ」さんの姿が強く印象に残っています。

ここでどちらからともなくカラダを寄せ合い、キツく抱き合いました。「30秒のハグによって一日のストレスのうち、1/3が解消される」との学説があるそうです。(ドーパミンやセロトニンの効能)今日のところは当該研究成果の正当性を認めることにやぶさかではありません。落ち着きを取り戻したところで攻守交代。「浅倉ひとみ」さんが再び、オフェンスに転じました。シーケンス自体は先ほどと同様。ただ、その濃度の違いは明らかでキスには舌をねじ込む過激さが伴います。彼女の知られざる一面を垣間見たような気がしました。残り時間の兼ね合いも考慮して、フィニッシュの選択肢として素股は可能か確認したところ、自身ではコントロールできず、正常位素股で男性側が動くのであればとの回答。トライしてみたものの射精感の予兆が得られなかったため、ローション手コキをリクエストしたところ快諾してくださいました。「浅倉ひとみ」さんはなぜか当方の左腰部付近に美しい姿勢で着座し、男性器を覗き込むようにストロークを重ねます。出だしは見当外れなところを扱かれてしまい困惑したものの、当方の反応を確認すると位置取りに微調整を加えました。男性器をじっと見つめられる羞恥も相まって大放出!自然と互いに感謝の気持ちを伝え合いました。

後始末は当然のように私が優先されます。残された時間は僅かでしたが、ここで再び「70年代生まれあるある話」で和やかな雰囲気に。同じ時代を同じ年齢で過ごし、また共通する経験を重ねた「浅倉ひとみ」さんにシンパシーを抱きました。

<最後のシャワー>
最初のシャワーと同じシーケンスです。ひとつ気がついたこととして、イソジンは洗面所に置いたままであり、少なくとも当方にはその使用を促さなかったことです。(最初のシャワー、最後のシャワーいずれも)諸説ある実質的な効能のことはともかく、少なくとも最後のシャワーでは使用する意志の確認を行ったほうが良いのではないでしょうか。

3. お別れ
互いの身支度が終わると「浅倉ひとみ」さんはプレイ後の乱れたベッドをさり気なく直します。感謝と再会を期待する言葉には、当方の手を取って柔らかな微笑みを返してくれました。今回は先に部屋を出ていただくことに。立ち上がって見送ろうとする私を「ゆっくりお休みになっていてください」と気遣ってくださいます。もちろん、そんな訳にはいきません。互いにエールを送り合ってお別れです。部屋を出る時、不揃いだった私の靴が綺麗に揃えてあることに気づきました。

不況が深刻化した1990年代後半、某缶コーヒーのCMを起点として「『癒やし』の大セール」が行われました。本来は奇跡的な治癒にまつわる宗教的な動作すら包含していた「癒やし」は「ほんわかしたムード」あるいは「安らぎを与えてくれる佇まい」を指し示すマーケティング的なワンワードとして大衆化されたと言えます。誰の仕業か大体のあたりはついているのですが、由々しき事態と臍を噛んでいる次第です。前置きが長くなりました。結論を申し上げると私は今回、「浅倉ひとみ」さんに癒やされました。少しも悔しくありません。

4. 調査メモ
・7つの無料オプションはかなりの豪気
・利用前にプレミアム会員になっておくべき
・横浜市中区長者町での待合せコースがオススメ


《お読みいただいた皆さまへ》
拙いレポートを最後までお読みいただき、ありがとうございました。可能な限り客観的な記載を心がけ、皆さまの風俗ライフの一助となり得るようなレポートを作成したいと考えております。ご意見や疑問に思われる点などがありましたらコメント欄へご記入ください。

店舗ページに戻る

この女の子は....

この女の子に会いたい....

店舗TEL:045-334-8150

※お問い合わせの際は「kaku-butsu(カクブツ)を見た」とお伝え下さい。

このレポートを読んでいる人はこちらの女性をチェックしています。

この子たちみんなタダかも

私が調査しました!

私が調査しました!

性属性:おっぱい博士/おしり博士/ローション命

BF属性

団員評価傾向

  • 辛
  • 中
  • 甘

この団員評価は...

支持
7
不支持 :
3

この団員評価は...

支持
7
不支持 :
3

この調査団員を支持しますか?

プレイ時間
100分
コース料金
18,500円
入会金
0円
指名料
0円
交通費
0円
割引
3,000円
ホテル代
5,590円

ユーザーコメント 0件

コメントを書く

動画

店舗情報
  • エコノミー
  • 人妻
  • ガチ妻
  • お姉さん
店舗ホームページへ

  • エリア  横浜エリア
  • 最低価格  100分 / 16,500円~
  • 営業時間  10:00~05:00
  • 在籍数  75人
  • 平均出勤数  15人
  • 年齢層  40代~